函館新聞電子版

  • 電子版購読者限定
    ペア宿泊券プレゼント
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況

医療の現場から/函館薬剤師会理事 みなかわ調剤薬局薬剤師 皆川大地さん

 ポリファーマシーとは

 皆さんはポリファーマシーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?ポリファーマシーとは、薬剤の「多剤併用」の事を言います。多剤併用とは、一般的には6種類以上を示すことが多いですが、明確に何種類以上でポリファーマシーである、というような定義はありません。ですので、単純に「ポリファーマシー」=「飲んでいる薬の数が多い」ということではありません。
 では、ポリファーマシーの問題点とは何でしょうか。それは、「薬物による有害事象発現頻度の増大」などが挙げられます。薬物による有害事象発現に関しては「高齢者の安全な薬物ガイドライン2015」でも6種類以上で薬物有害事象の発現のリスクが特に増加する、5種類以上で転倒の発生率が高かった、などの報告がありました。
 一つ注意しておきたいのは、世間でよく使われる「副作用」と「薬物有害事象」とは少し意味合いが異なる点です。副作用とは「薬の使用により生じた、薬との関連を否定できない有害な反応」、薬物有害事象とは「薬の使用後に発生する有害な症状で、薬との関連を問わない事象」です。よって、先ほどの6種類以上飲むことによる薬物有害事象とは、現在飲んでいるお薬の副作用として知られていないような有害な事象が起こる可能性があるということです。そういった事を防ぐために役に立つのが、お薬手帳であり、また、かかりつけ薬剤師など、かかりつけの薬局を持つことです。これらを活用する事で薬の重複の確認など、患者様が適切に服用できるよう、お手伝いをさせていただきます。
 最後になりますが、一番大切なのは、飲んでいるお薬の数ではなく、本当にそのお薬が必要かどうかという点です。とはいえ、どのお薬が本当に必要なお薬か自分では判断できない方がほとんどだと思います。その時は遠慮せず、ぜひ、かかりつけの医師・薬剤師に相談してみてください。
(ハコラク 2022年 2月号掲載)


みなかわ調剤薬局
函館市川汲町1604‐3
☎0138‐25-6622

函館薬剤師会
函館市富岡町3‐1‐17 2F
☎0138‐45‐1572











      最新記事











      トピックス







      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 【速報】函館で93人、渡島13人、桧山13人感染
      2. 恵山高校生行方不明から2年 中央署が情報提供呼び掛け
      3. 春の高校野球/知内が24年ぶり代表
      4. 函館新道交通事故で一時通行止め
      5. 春の高校野球/優勝の知内5ー2で函工下す
      6. 男子複は小原・水島V 道南中学生春季バドミントン
      7. クマ目撃情報(森)
      8. 函館の小中2校で学級閉鎖
      9. 世界の半数超が頭痛―ノルウェー
      10. 臼尻町で住宅火災、けが人なし

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      はこしんフォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      はこしんバックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      紙面ビューア

      5月16日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト