函館新聞電子版

  • 電子版購読者限定
    ペア宿泊券プレゼント
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況

こだわり探訪記~ロカラ×北海道のつくり手たち~ はこだて柳屋専務取締役・若杉隆之さん(32)「函館に人が集まる商品目指す」

 函館市万代町の国道沿いに1949年8月創業、今年で72年を迎える老舗菓子店、はこだて柳屋があります。同社は「函太郎せんべい」を前身に、現在までの長い間、函館市民に親しまれてきました。出来たてのお菓子を味わってもらいたいという思いで、創業より一貫して、保存料を使用しない菓子づくりを行なっています。
 はこだて柳屋では、これまで「いかようかん」や「ロマネスク函館」といった数々の代表作を生み出してきましたが、商品づくりの根底にひとつの思いを持っています。「函館に人が集まるきっかけになるお菓子をつくりたい」―そう話す専務取締役の若杉隆之さん。大学時代を札幌で過ごし、商品開発・イベント企画を行う会社で研さんを積み、その後、家業である同社を継承する決意で函館へ帰郷します。
 入社後も、前職での経験を生かし、さまざまな企画の立ち上げを行います。明治初期を時代背景に、函館にゆかりのある有名キャラクラーとのコラボレーション商品、七飯町産のりんごワインを使用した「ロマネスク函館 林檎パイ」の開発では、お土産として全国の人の手に渡ることを想像しながら、函館を知るひとつのきっかけを作れるように、素材選びからお菓子のフォルムに至るまで徹底してこだわっているそうです。
 北海道には、質の良い素材が豊富にある一方で、いつでもどこでも、コンビニやスーパーで気軽に手に入る時代となりました。また函館には、たくさんの土産品がありますが、中には函館で作られていない商品も多くあり、若杉さんは、地元企業としてのプライドを持ち、他社との差別化を図るために、商品の持つ背景や歴史、地元素材の魅力などといった価値を生み出し、菓子づくりにおける「物語」を大切にしているそうです。
 その「物語」と、同社の地元函館にかける熱い思いがリンクし、はこだて柳屋の魅力ある菓子は、今日も誕生しています。「函館といえば!という菓子を、函館の企業である私たちが、これからも誇りを持って作っていきたい」と若杉さんは力強く話します。
    ◇
 道南でつくられるこだわりの食品を集めた通販サイト「道南地元市場」を運営するロカラ(函館市鍛治1、中川真吾社長)のスタッフが各地のつくり手たちのもとに足を運び、生産者の思いをまとめます。(毎月第3日曜日掲載)










      最新記事











      トピックス







      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医5月22日付

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 旧函館支庁庁舎に「ジョリジェリ」入居へ まずは食から
      2. 同僚を殴った会社員の男を傷害容疑で逮捕
      3. 箱館五稜郭祭開幕/3年ぶり土方コンテスト、佐々木育恵さん悲願の優勝
      4. 【速報】函館市95人、渡島32人、桧山14人が感染
      5. 七飯町の死亡事故、運転者の死因は内因死
      6. 男子ラ・サール、女子白百合Ⅴ/高体連テニス
      7. 恵山つつじまつり開幕
      8. ナイフ所持、海上自衛官の男を逮捕
      9. 大谷2園の園児たちが稚児行列 東本願寺で花まつり
      10. 公会堂で石垣島のカップルが人前式ウエディング

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      はこしんフォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      はこしんバックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      紙面ビューア

      5月22日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト