函館新聞電子版

  • 選挙
    参院選2022
  • 7月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • 2022年の写真
    写真の日プロジェクト
  • 延期のお知らせ
    函館港花火大会
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況
  • 高校野球
    夏季大会

こだわり探訪記~ロカラ×北海道のつくり手たち~ 函館カール・レイモン社長・丸山健弥さん(61)「レイモンの製法、伝統をいまに」

 函館カール・レイモンは、ドイツ人創業者のマイスター、カール・ワイデル・レイモンが、この地でハムやソーセージを作り始めてから、今年で創業95周年を迎えます。
 「食べ物は体に優しいものでなければならない」という創業者の信念を守るため、創業当時から余計な添加物を極力使用しない製法でハム・ソーセージを作り続けてきました。ごまかしのきかないハム・ソーセージづくりには、肉本来の「力」のある新鮮な原料肉が必要不可欠です。そのため、鮮度の良い状態で加工できる道南産を主とする北海道産豚肉や牛肉のみの使用にこだわっています。厳選した素材の力を最大限に生かすために、創業者が伝えたドイツ伝統の製法で時間と手間をじっくりかけて製造しています。
 この製法へのこだわりは決して他のメーカーにはまねできるものではありません。商品一つ一つに込められた創業者の信念と、おいしいものを一人でも多くの人々に届けたいという函館カール・レイモンの思いが込められています。

 変わらない気持ちと新たな挑戦を

 函館という地で長い間ハムソーセージを作り続けていく中で、お客さまの嗜好(しこう)や食生活も大きく変わりました。しかし、私たちには一つだけ変わらないことがあります。それはレイモンの思いを受け継いだものづくりをすることです。
 思いを継承しながら時代のニーズに応えていくことは、課題に向き合いチャレンジし続けることになります。今年誕生した新商品の「コーンビーフ」も、そのチャレンジから生まれたものです。素材のうま味を引き出したおいしくて新しいコーンビーフを作りたいという思いが結束し、ゼラチンを使用しない、牛肉そのもののうま味と香りを生かした新しい「コーンビーフ」を誕生させました。
 私たちは、カール・レイモンのおいしさが人々に感動を与えることができると強く信じています。そうした食の大切さを若い世代や子どもたちに伝えるべく、食育にも力を入れていきたいと考えています。函館カール・レイモンがこれまで培ってきたものづくりへの情熱、ソーセージの味へのこだわりをもって、これからも皆さまにおいしさをお届けしたいです。










      最新記事











      トピックス







      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 3年ぶり函館マラソン 4809人初夏の函館駆け抜ける
      2. イトーヨーカドー函館店閉店 42年間の歴史に幕
      3. 女性殴った容疑で28歳男逮捕
      4. 函館マラソン/趣向凝らした応援 地元グルメでおもてなし
      5. 函館マラソン/道南勢も健脚披露
      6. 道南の酒のつまみ、空港に 「道南おせっかい横丁」設置
      7. 普通列車遅れ、急病人対応で
      8. 【速報】函館で16人、渡島6人、桧山で1人感染
      9. 函館マラソン/万代町商興会、ぺリー小公園から声援
      10. しかべ間歇泉公園来場者200万人突破 6年3カ月で到達

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      はこしんフォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      はこしんバックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      紙面ビューア

      7月 4日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト