函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

医療の現場から/こじま産婦人科 アドバンス助産師 大上育子さん

 妊婦さんの体重増加について

 春になり暖かくなってきました。これから始まるゴールデンウィークでは、外食の機会も増えます。そんな時に妊婦さんが気にするのは体重の増加だと思います。実際に、どのくらいだったら問題ないのでしょうか。厚生労働省「妊産婦のための食生活指針」では体格区分(BMI)による妊娠中の推奨体重増加が示されています。非妊時の体重を低体重(やせ)BMI18・5未満、ふつうBMI18・5以上25・0未満、肥満BMI25・0以上と区分しています。低体重の方は妊娠全期間で9~12kg、1週間当たり0.3~0.5kgの増加。ふつうの方は妊娠全期間で7~12kg、1週間当たり0.3~0.5kgの増加。肥満の方は妊娠全期間でおよそ5kg、1週間当たりは医師と相談するようにと書かれています。
 具体的な食事では、つわりでつらい時は無理をして食べ、吐いて体力を消耗するよりは、食べられるものを少しずつ食べましょう。食べていないと吐き気がする方は体重が増えないように、低カロリーで胃もちの良いものを食べるようにします。つわりが落ち着いたら、エネルギーをしっかり取るために主食を妊娠前と同じ量を食べますが、ご飯がおいしいと感じるので食べ過ぎに注意します。不足しがちなビタミン・ミネラルは副菜をたっぷり取ることで補います。主菜は体づくりの基礎となるので肉・魚・卵・大豆料理をバランスよく取ります。カルシウムを十分に取るため牛乳・乳製品などを取ります。また、普段は果物を食べない方でも取るようにしましょう。
 母子手帳の「妊娠中と産後の食事」に詳しく書かれていますので参考にしていただきたいと思います。
 毎日の食事は、お母さんと赤ちゃんの心と体の健康につながりますので楽しみながら食べることをおすすめします。
(ハコラク 2020年4月号掲載)


こじま産婦人科
函館市神山1‐12‐9
☎0138‐55‐5252
http://kojima-ml.com/
■診療科目/産科、婦人科
■受診時間/月・火・水10:00~12:00
                         15:00~18:00
                金・土・日10:00~12:00
                  ※予約優先
■休診日/木曜・祝日

      医療の現場から











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト