函館新聞電子版

老舗味めぐり/太田かまぼこ

太田かまぼこ「函館いかメンチ」
太田かまぼこ
太田寛人さん(右)
     祖父が築いた看板を背負い
     受け継ぐ思いを新たな味に

     1945年、戦後間もない中島廉売で産声を上げた「太田かまぼこ」。市内のかまぼこ店で修業した太田幸次郎さんが創業し、一時はまな板の上で眠ったという逸話が残るほど多忙を極めたが、後継者の不在により2007年閉業。しかし同年、道産食材の通信販売会社「北海道かいこうマーケット」を立ち上げていた孫の寛人さんが、倉庫として店を使うためシャッターを開けると、営業していると思った客が次々と訪れ、「この店の看板には人々の思いが詰まっている」と実感。多くの人の支えがあり、2012年「太田かまぼこ」は復活を果たした。
     店頭では昔ながらのスタイルでかまぼこや総菜を量り売り。創業の味「いか天かまぼこ」をサクサクの衣で包んだ「函館いかメンチ」は、寛人さんが常連客のアドバイスを受け考案した一品で、今では1番人気の商品に。「コロナ禍で大変な時期ですが、戦後はもっと厳しい時代だったはず。祖父が看板を築き上げたように、自分も新しいものを作っていきたい」と、100年続く味を目指している。
    (ハコラク 2021年7月号掲載)


    太田かまぼこ
    函館市中島町25‐16(中島廉売内) 
    ☎0138‐31‐0035
    10:00~17:00 
    日・月曜定休 
    中島廉売共有P有り
    キャッシュレス決済利用可 

      老舗味めぐり











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト