函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

ドクターコラム/平田博巳内科クリニック理事長・院長 平田博巳さん

 帯状疱疹について

 帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)を原因として発症する病気で、初期段階には皮膚がピリピリするような痛みを自覚し、時間の経過とともに赤みや水疱形成などの皮膚症状が現れます。VZVは、初感染では水疱瘡になりますが、この時に皮膚に出た発疹から神経を伝わって、所属の後根神経節内に潜伏すると言われています。ストレスや疲れ、免疫機能の低下などに伴い、体内に潜んでいたウイルスが再活性化し、知覚神経を通って表皮に達し、赤い丘疹や水疱が神経の走行に沿って帯状に出現したものが帯状疱疹です。
 50歳以上で発症することが多く、肋間神経に一致した胸部に起こりやすいですが、顔面を含めて全身のどこにでも現れます。耳介の発疹・水疱形成と顔面神経麻痺を伴うものをラムゼイ・ハント(Ramsay・Hunt)症候群と呼び、耳痛、難聴、めまいを合併することが多く、まれに脳炎をきたし重症化することがあります。治療には主に抗ウイルス薬を使用します。飲み薬が一般的ですが、重症例では入院での点滴治療が必要になります。ウイルスの増殖を抑え、急性の炎症や痛みの症状を改善し、合併症や後遺症を防ぐ作用があり、できるだけ発症早期に使用することが大切です。抗ウイルス薬にはDNAポリメラーゼの働きを阻害するものに加え、ヘリカーゼ・プライマーを阻害するものもあり、どの段階でも効果が期待できるようになりました。皮膚のピリピリ感を自覚し、また小さな結節状の発疹を認めたら市販の塗り薬、飲み薬に頼ることなく、速やかにかかりつけ医に相談することが大切です。
 ワクチンの予防接種も大変有効で、帯状疱疹の発症を抑え、また発症しても症状、後遺症が軽い例が報告されており、50歳以上では積極的にワクチン接種を受けることをおすすめします。
(ハコラク 2020年1月号掲載)


略歴
昭和56年、札幌医科大学卒業。札幌医科大学附属病院第一内科、札幌慈啓会病院、函館五稜郭病院消化器内科、医療法人社団官尾医院勤務を経て、平成17年、平田博巳内科クリニック開業。日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医。平成3年、第4回日本内科学会奨励賞受賞。

平田博巳内科クリニック
北斗市七重浜4-27-40 ☎0138-48-2200
■診療科目/内科・消化器内科・アレルギー科・リウマチ科
■診療時間/月・水・金 9:00~12:00、
            15:00~18:00 
        火・木  9:00~12:00、
                                     午後は検査・往診   
                  土  9:00~12:00、午後休診
■休診日/日曜・祝日


      ドクターコラム











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト