函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

介護コラム/西堀病院 栄養課 管理栄養士 佐藤晋平さん

 低栄養について ─あなたの食生活は?─

 皆さんは毎日3食食事を取っていますか。また、普段から食事を楽しんでいますでしょうか。食事は人が生きていく上で欠かせないものです。現代社会での食料は飽和状態にあり世界各国の料理が飲食店だけではなく、スーパーやコンビニなどでいつでも手軽に購入できる時代になりました。しかし、「なんだか体重が減ってきたな…」「最近疲れやすいな…」と感じる方は、知らず知らずのうちに「低栄養」と呼ばれる状態に陥っているかもしれません。低栄養とは健康に生活するために必要な量の栄養素、その中でもエネルギーとたんぱく質が十分に取れていない状態を指します。1日1~2食しか食べない、1食が極端に少ない、好き嫌いが多い、朝はパンのみ昼は麺のみなど単品の食事を取っている、メディアで紹介された健康食材に偏った食事になっている方は注意が必要です。
 また、高齢になると食物をうまく食べられなくなったり消化機能の低下から栄養を十分に吸収できなくなることがあります。そのため、筋力や体力の低下、骨量の減少から骨折しやすい、免疫力の低下により病気にかかりやすいなどの症状が起こりやすくなります。若年層においては、太ることを警戒し肉や油脂類、糖質を過度に控えるようなダイエット方法も低栄養になることが危惧されます。世帯状況によっても低栄養リスクに差があります。1人暮らしの方や高齢夫婦の2人暮らしの方は、家族と同居している方より低栄養の割合が高いと言われています。その背景として「生鮮食品は食べ切れず腐らせることが多いから買えない」「食費を抑えたい」「買い物に行くのが大変」という声があるようです。
 このように低栄養は誰にでも起こり得るものです。毎日3食規則正しく食べる、おかずをもう一品プラスするなど、今一度食生活を振り返ってみてはいかがでしょうか。
(ハコラク 2020年4月号掲載)


西堀病院
函館市中道2-6-11
☎0138-52-1531
http://www.nishibori-hosp.or.jp/
■診療科目/内科、消化器内科、循環器内科、外科
                  整形外科、肛門内科、リハビリテーション科
■診療時間/月~金  9:00~12:30
                          13:30~17:00
■休診日/土・日曜・祝日

      介護コラム











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト