函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

独自の世界観で魅せる匠の仕事③/工房 萬 玉木雅史さん

玉木雅史さん
工房 萬
工房 萬
     見る者の心を動かすリアルを追求し
     思わず食べたくなるミニチュアを

     大粒のイクラがこぼれ落ちそうに躍る丼、思わず泡をすすりたくなるビール、焦げる匂いまで漂いそうな焼き魚…片手の中にすっぽりと収まるミニチュアフードを見つめていると、樹脂粘土で作られていることを忘れそうになる。玉木さんの作品のテーマは〝食べたくなるミニチュア〟。本物の陶器を器に使い、約1/12スケールで再現される料理の数々は、「実際よりも大きな具材がゴロゴロと入っていたり、指でつついてみたくなるような動きがあったり、見た人の気持ちを突き動かす何かをデフォルメに込め、〝おいしそう〟という心情的なリアルを作りたい」と、形の精密さだけでは出せない食欲そそる表現も魅力だ。
     制作の礎となっているのが、子供の頃から続けてきたプラモデルや模型作り。得意とする揚げ物の衣部分の再現には、模型作りの失敗から生まれた方法を使うなど、独自の材料や技法も作品の特色の一つになった。3年前に始めた通信販売が反響を呼び、全国のデパートの催事に定期的に呼ばれるようになると、ミニチュアフードだけでも制作数は大変な量になったが、今でも模型作りは大切な息抜きという。「一作品に神様が降りてくるのは1度だけ。再販出来る物もあるけれど、2度と作れない物も多い」と一つひとつに気持ちを乗せて制作に取り組む玉木さん。わずか数cm四方に納まる小さな作品には、人々の視線を釘付けにし、心を浮き立たせる不思議な力が宿っている。
    (ハコラク 2020年7月号掲載)


    工房 萬
    函館市花園町40‐13 
    ☎090‐2874‐1334 
    http://studio-yorozu.com




      ヒューマン











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト