• 採用情報
    函館新聞社

週間ファイル10月10日~15日

 ★新造船「ブルードルフィン」お披露目(10日)津軽海峡フェリー(石丸周象社長)の新造船カジュアルクルーズフェリー「ブルードルフィン」(8850トン)が11日、就航を迎える。デビューに先立ち9日、お披露目会と一般見学会が行われ、一足先に船内を公開した。車両甲板で行われた式典には、関係者や取引先企業など約170人が出席。石丸社長のあいさつの後、テープカットで就航を祝った。
 ★効率的な農業へ手探り、スマートアグリ実証実験(10日)省力化による効率的な農業を目指す渡島総合振興局の「渡島スマートアグリ(ハイテク農業)構想推進事業」で、圃場(ほじょう)での実証試験が始まった。北斗市内の既設園芸ハウス3棟(農家3戸)に自動換気装置を取り付け、モデルケースとしてデータを集める。勘や感覚に頼らない適切な管理により、農家の収益性向上につながるか実証結果が注目される。
 ★演奏中も避難迅速に、市民会館で訓練(12日)演奏会中の震災発生を想定した避難訓練コンサートが10日、函館市民会館で行われた。一般公募で集まった約100人の市民が、ヌーベルアンサンブル(橋本公志代表)の演奏を楽しむとともに、防災への意識を新たにした。
 ★季節外れのサクラ咲く(12日)日ごとに冷え込みが増す中、七飯町峠下11のレストランPino(鎌田睦男代表)の駐車場で季節外れのサクラが開花している。寒さに耐えながら陽光を浴びて力強く咲き誇り、店員や近隣住民を和ませている。同店によると、このサクラは2年前に植えたもので、2週間ほど前に咲き始めた。11日は2輪とつぼみ1つが秋風に揺れた。
 ★森町長選で梶谷氏が無投票再選(12日)任期満了に伴う森町長選が11日に告示され、現職の梶谷恵造氏(60)=無所属=以外に立候補の届け出がなく、無投票での再選が決まった。午後5時すぎに当選の吉報が入ると、御幸町の後援会事務所は祝いの拍手と喜びの声に包まれた。
 ★東日本学校吹奏楽大会で上磯小2年連続「金」(12日)第16回東日本学校吹奏楽大会が9、10の両日、東京都で開かれ、小学校部門の北斗上磯小学校吹奏楽部(2年連続7度目)が金賞に輝いた。高校部門の函館ラ・サール中学高校吹奏楽局(2年ぶり2度目)は銅賞だった。
 ★市文化賞に岡田弘子さん(13日)函館市文化賞審議会(座長・工藤寿樹市長)は12日、2016年の市文化賞受賞者に函館啄木会代表理事の岡田弘子さん(91)を選定したと発表した。明治を代表する歌人石川啄木(1886ー1912年)の貴重な資料の収集、保存、継承に尽力した活動を高く評価した。
 ★函館商工会議所の石尾副会頭退任へ(13日)函館商工会議所の石尾清広副会頭(66)=イシオ食品社長=が、任期満了の10月末で退任する意向を固めたことが12日までに分かった。一線から身を引いて、新体制の若返りを促すとともに、厳しい環境である本業の水産加工業に専念するのが理由とみられる。
 ★商工会議所副会頭に中野、水島氏就任へ(14日)函館商工会議所の副会頭に、五稜郭タワーの中野恒社長(54)と函館空港ビルデングの水島良治社長(63)が就任することが13日、複数の関係者への取材で分かった。26日の臨時議員総会で正式に選任される見通し。
 ★対象世帯に口座で返金、江差給食費不正で説明会(14日)江差と上ノ国、厚沢部の3町でつくる学校給食組合の元栄養士が給食費を不正流用していた問題の被害額返還説明会が13日夜、厚沢部町内で行われた。組合側は対象の2300世帯に対し、12月に口座で送金する考えを示した。
 ★村瀬氏が副会頭就任へ(15日)10月末に改選を迎える函館商工会議所の役員人事で、村瀬鉄工所の村瀬充社長(62)が副会頭に就任する見通しであることが14日までに分かった。副会頭職の4人の顔ぶれが出そろい、11月から久保俊幸副会頭(59)が会頭となって新体制がスタートする。
 ★海の貴婦人が函館で共演(15日)独立行政法人海技教育機構(横浜市)の大型練習帆船「海王丸」(2556トン)が14日、函館港に入港し、西埠頭に接岸した。2014年以来2年ぶりの寄港で、ほぼ同時刻には大型客船「セレブリティ・ミレニアム」(9万1000トン)が港町埠頭に到着。〝貴婦人〟たちの優美な姿が秋の函館港を彩った。
 ★アカマツの冬支度、100人でこも巻き(16日)赤松街道を愛する会(寺沢久光会長)は15日、国号5号のあかまつ街道で「赤松こも巻き体験会」を行った。小学生から大人まで約100人が参加し、アカマツの冬支度を整えながら、爽やかな汗を流し環境保全に取り組んだ。
 ★「みらい館」と「キッズプラザ」開業(16日)函館市がJR函館駅前の再開発ビル「キラリス函館」に整備を進めてきた公益施設「はこだてみらい館」と「はこだてキッズプラザ」が15日、開業した。初日から大勢の家族連れでにぎわった。新たな交流施設の誕生で、駅前・大門地区の活性化に期待が集まっている。

      週間ファイル

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医(11月18日)
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月18日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会