函館新聞電子版

  • 電子版購読者限定
    ペア宿泊券プレゼント
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況

こだわり探訪記~ロカラ×北海道のつくり手たち~ ヱビスパック社長・対馬正樹さん(51)「令和に新たな商品を」

 国道5号線近くの函館市昭和3丁目に、函館のいかめし製造業界を牽引するヱビスパックがあります。1968年、乾燥珍味を加工販売する対馬商店として創業した同社は、75年はじめ、真空パックの技術をいち早く取り入れると、日本で初めてとなる真空レトルト「とうもろこし」や「いかめし」を世に送り出します。78年には、「真空パック」と、商売繁盛の「ヱビス」由来の、ヱビスパックと社名を変え、現在に至ります。
 創業者を父に持つ、代表の対馬正樹さんは、自宅が工場だったこともあり、母の配達の手伝いをするなど加工場を生活の一部として幼少期を過ごします。地元の水産高校での実習経験が心に残り、大学卒業後は、自然と食品業界に引かれるように、ニチロ(現在のマルハニチロ)へ就職しますが、定年まで勤め上げるか、家業を継ぐかを悩む日々。「いかめしと真空パック、この2つは後世に残したい」と26歳で地元函館へ帰郷を決意し、家業への無償の愛を胸に、同社へ入社をします。
 営業マン時代に経験した「あの時電話していれば、あの時訪問していれば」という後悔はするまいと、失敗を恐れず、やれることは何でもチャレンジします。そうして誕生した主力商品の「魚めし」。近年続くイカの不漁により、郷土食であるいかめしの存続が難しくなる中、自社の製造技術をヒントに、魚の腹に米を詰めた、いかめし以来約40年ぶりとなる新商品「魚めし」を誕生させます。同時に「いかめし」を「技術」という形で残すことを可能にし、入社当初に描いていた、対馬さんの強い思いがひとつの形となって実現します。
 趣味は資料館めぐりという対馬さん。「当時の人々の生活や文化へ思いを馳せることが楽しくてしょうがない」と笑顔で話します。だからこそ、地元函館の食文化でもある、いかめしへの思いが人一倍強いのでしょうか。「昭和にいかめし、平成に魚めし、令和の時代にも新たな商品を残していきたい」と意気込みます。いつしか函館の食文化を残した偉人として、対馬さんもまた、思いをはせる人物になる日が来るのかもしれません。
     ◇
 道南でつくられるこだわりの食品を集めた通販サイト「道南地元市場」を運営するロカラ(函館市鍛治1、中川真吾社長)のスタッフが各地のつくり手たちのもとに足を運び、生産者の思いをまとめます。(毎月第3日曜日掲載)










      最新記事











      トピックス







      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 東大沼で事故 乗用車の男性死亡
      2. 福島漁港で死亡の女性 死因は溺死 松前署
      3. 【速報】函館で130人、渡島60人、桧山19人感染
      4. 基準値の4倍のアルコール検出 酒気帯び運転で男を現逮
      5. はこだて元町認定こども園でボダイジュを記念植樹
      6. スルメイカ不漁脱せず 原油高 原材料高騰 不安募る
      7. 函館4校で学級閉鎖
      8. 大手町のニチロビルディング、所有会社が9月末で売却
      9. ノババックスワクチン6月から接種へ 道ワクチンセンター 鈴木知事
      10. 函館市人事 港湾空港部次長に原氏

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      はこしんフォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      はこしんバックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      紙面ビューア

      5月21日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト