函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

談話室/堀江はり灸整骨院長 柔道整復師・鍼灸師 堀江光慈さん

医療の新常識 情報のアップデートを
 鍼灸やマッサージなどを受ける時に、ツボという言葉を聞くことがあると思います。人間の体には「経絡」というエネルギーの流れがあると考えられていて、経絡の線上に存在する「経穴」というものが一般的にツボと呼ばれています。ツボは全身にあるとされていますが、特に大事な筋肉や血管、神経がある場所に点在していることが多いので、ツボがある場所に疲労がたまりやすく、疼痛が出やすいとも考えられます。
 よく、痛いところを冷やした方が良いか、温める方が良いのかと聞かれます。以前はRICE処置(安静、アイシング、包帯などで圧迫する、心臓より高挙しておく)が、外傷の緊急処置の基本として考えられていました。あながち間違いではないのですが、けがをしてすぐの時以外は冷やさない方が早く治ることが最近分かってきました。例えば、運動や家事などで筋疲労や筋肉痛になったり、今の季節は雪かきなどでいわゆるギックリ腰になったり、また、スポーツ中に捻挫や打撲する時もあります。このような時に氷で冷やしたり、湿布を貼るよりも、入浴して全身の血流を良くしてあげる方が早く治りやすいそうです。
 体の疲労や痛みは、放置しておくと悪化したり、慢性化するケースも少なくありません。けがや生活習慣に起因する不調は軽視せず、早めの治療開始を心掛けましょう。社会の「普通」が急速にアップデートされていく中で、これまでの医療の普通もこれからの普通でなくなるかもしれません。今まで常識と思っていた体のことも、もしかしたらもう新常識が主流になっているかもしれません。早めに病院や整骨院、鍼灸院で治療を開始するとともに、専門家に新しい「普通」を聞きに行かれてみてはいかがでしょうか。
(ハコラク 2019年2月号掲載)


堀江はり灸整骨院
函館市上野町7-51
☎0138-59-3349
■診療時間/8:00~12:00
      14:00~20:00
 (金曜は午前休診、土曜は17:00まで)
 祝日、第2・4日曜9:00~12:00
■休診日/第1・3日曜

      談話室





      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト