函館新聞電子版

ポリシーを貫く仕事人/珈琲文庫 川崎宏さん

川崎宏さん
珈琲文庫の話
製造風景
     コーヒー豆の豊かな個性を引き出し
     飲む人の求める味を作り上げる

     世界基準で品質評価が80点以上に判定される「スペシャルティコーヒー」の生豆を焙煎し、飲食店へ卸販売している「珈琲文庫」。実家が喫茶店を営んでいた代表・川崎宏さんにとって、コーヒーは幼い頃からなじみが深く、学生時代のアルバイト先も、札幌市での就職先もコーヒー専門店とコーヒー一筋。帰函を機に車庫を焙煎室に改装し、不動産業の傍ら自家焙煎をスタートさせ、2010年、珈琲文庫を設立した。コーヒー業界の人脈を生かして仕入れる高品質の豆と、味の良さが口コミで広がり、今では20軒以上のオーダーメイドを手掛けるほか、市内の飲食店でオリジナルの豆を販売している。
     “味のおいしさ”にこだわり、数種類のコーヒーを飲み比べてもらい顧客の好みを探り味覚を共感させて、望みの味や香りを的確に表現。川崎さんは「職人というよりは、求める味を提供できるロースターでありたいですね」と穏やかに笑う。算出したデータを基に焙煎機の前でコーヒー豆の爆ぜる音に耳を傾け、テストスプーンで焼き色や香りを丁寧にチェックし、狙った味へと仕上げていく。
    (ハコラク 2021年11月号掲載)


    珈琲文庫
    問い合わせ https://coffeebunko.net/

      ヒューマン











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト