函館新聞電子版

函館三大市場 名店探訪 中島廉売②/ショウカネエイ 紺地鮮魚

紺地慶一さん
少量パックの刺身
いけすから上げたイカ
     料理人からの信頼も厚く
     ユーモアにあふれた店主が魅力

     魚屋通り名店街に軒を連ねる「紺地鮮魚」は、初代の紺地嘉吉さんが中島廉売が誕生した頃とほぼ同時期の1934年に開業し、現在は3代目の慶一さんが店の看板を守っている。慶一さんは後を継いでから「昔の廉売の安価で品質はそれなりというイメージを払しょくしたかった。価格は少し高めでも味が良ければ購入してもらえるようになる」と信じ、取り扱う魚を高品質なものへとシフトチェンジしていったという。
     並ぶのは函館市水産物地方卸売市場から仕入れる鮮魚、活魚、イカ、ウニ、カニと上質な旬のもの。その確かな目利きに飲食店関係者も信頼を置き、客足が引きも切らない。ほかにも青南蛮仕込み、みそ味などのオリジナルのイカ塩辛数種、週1回登場する揚げ物などの総菜もある。また、「お客さんにほっこりしてもらいたい」と、活貝は子供がすくって楽しめるようにお玉とお椀を置き、これから旬を迎えるゴッコは雌雄分かりやすいよう1匹ずつに「有名人」の名前を付けるなど遊び心を利かせ、訪れる人たちの心を和ませている。
    (ハコラク 2022年1月号掲載)


    ショウカネエイ 紺地鮮魚
    函館市中島町22‐7
    ☎0138‐51‐4685
    10:00~18:00
    日曜定休
    キャッシュレス決済利用可 



      グルメ











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト