函館新聞電子版

  • 5周年
    函館新聞電子版
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 6月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

道南 逸品探しの旅へ①/七飯町

つしま謹製
小野養鶏場直営 里山楽房
大沼ガロハーブガーデン
     素材の味を最大限に生かした豊かな自然の恵みに舌鼓

     後引く甘じょっぱさがクセになる「わかさぎ佃煮」とカリカリと香ばしい「わかさぎ筏焼」は、老舗「つしま謹製」の看板商品。漁師でもある4代目の對島義明さんは、ワカサギ漁が解禁されると長時間、大沼・小沼へ漁に。「佃煮」は水揚げしたその日のうちに大釜で炊き、「筏焼」は一匹ずつ手作業で串に刺してからじっくり焼き上げる。添加物を一切使わずに昔ながらの製法を用いて作る味は、半世紀近く変わらず、カルシウムを豊富に含む。ご飯の供にも酒の肴にもおすすめで、本州から注文が寄せられるなどリピーターも多い。
     赤松街道沿いの「里山楽房」は、純国産鶏を生産者の分かる自然素材のエサだけで育て、平飼い自然卵〝おのたま〟を生産する小野養鶏場直営店。代表の小野美孝さんは、特別支援学校教諭時代に体の不自由な子供たちと向き合った経験から、食が命に直結すると実感。自慢の卵を主役に、飲み込む力が弱い人にも食べやすいよう1年掛けて開発した「コタプリン」は、口にした瞬間に消えるような口溶けと卵黄のコク深さを濃厚に感じさせる。食の安全と健康について考え抜かれた卵菓子や茶碗蒸しなどの総菜は、今まで味わったことの無いような感動を与えてくれる。
     軍川地区から城岱牧場に向かう道の途中にある山崎健さん一家が営む農園「大沼ガロハーブガーデン」。有機栽培の食用ハーブや農産物などを揃え、中でも城岱山の自然がたっぷり詰まった「ハチミツ」が注目を集めている。季節ごとに花が咲くアカシヤ、クリ、クローバー、ハーブから西洋ミツバチたちが集める蜜を、糖度が高まるのをしっかりと待ってから収穫し、栄養成分やおいしさを逃さぬよう加熱せず生のまま瓶詰め。花の種類によって異なる「ハチミツ」の華やかな香りとまろやかな甘みを楽しみたい。
    (ハコラク 2021年6月号掲載)


    つしま謹製
    七飯町大沼町211‐7
    ☎0138‐67‐2251
    8:00~17:00 
    月曜定休 P有り 

    小野養鶏場直営 里山楽房
    七飯町鳴川4‐3‐8 
    ☎080‐1977‐9972
    11:00~16:00
    (商品が無くなり次第終了)
    金・土・日曜、祝日営業
    P有り 
    キャッシュレス決済利用可

    大沼ガロハーブガーデン
    七飯町上軍川1073‐2
    ☎090‐7052‐9865
    ※直接購入の場合、事前に電話連絡
    不定休 P有り



      グルメ











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      6月13日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト