函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 4月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

談話室/鍼灸整骨 治療院 ふれあい 鍼灸師 佐々木章光さん

 東洋医学からみた「なぜ病気になるのか」

 古代から伝わる東洋医学は「大自然の法則」に基づいて生み出された医学です。その一つでもある、自然治癒力=人間が本来持っている修復しようとする力、を引き出すのが東洋医学です。なぜ体のバランスが崩れ病気になったのか、その原因を見つけ出し、大事に至る前に防いでいく、東洋医学にはその知恵がちりばめられています。
 東洋医学では、身体全体の調和が崩れ、ある一線を越えて自然に元の健康状態に復元できない状態、つまり自然治癒力が働かなくなった状態を疾病と考えます。では、なぜそのような調和が崩れてしまうのか。その原因として大きく3つの因子が考えられています。  一つ目は「外因」(主として人体の外にあり病気の原因となるもの)です。自然界では人体に影響を与える大気を六気(風・湿・燥・火・暑・寒)と言います。この六気が過多あるいは不足になった時、また人体が六気に対し著しく抵抗力を失った時、人は体質がそれぞれ違うため、その人が持っている体質により影響の受け方に違いが出てきます。
 二つ目は「内因」(人体の内にあって病気の原因となるもの)で、人間の喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の七つの精神情志活動のことです。これらのバランスが取れていれば、生理的な活動として発病には至りませんが、突然激しく精神的にショックな出来事があった時、また長期にわたり精神的なストレスが続いた時などに、この七情は五臓六腑にまで大きな影響を及ぼし、病気の原因となっていきます。
 三つ目は「不内外因」(内因でも外因でもないものが、病気の原因となるもの)です。欲するままに飲んだり、食べたり、偏ったり、不足しすぎても病気を起こす原因になっていく「飲食物」、過度な労働、労働環境などによる「疲労」、怪我、打撲などによりさまざまな症状を起こす「外傷」が病気の原因となります。
(ハコラク 2020年12月号掲載)


鍼灸整骨  治療院 ふれあい
七飯町本町4-11-15
☎0138-65-6004
■受付時間/9:00~17:45
                  ※予約制
■定 休 日/日曜・祝日
■訪問範囲/七飯町、北斗市 
                  旧函館市

      11月26日











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      4月15日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト