函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 7月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

介護コラム/亀田病院分院 亀田北病院 認知症看護認定看護師 加藤輝明さん

 認知症の人へ 大切にしていること

 厚生労働省は、2025年には65歳以上の認知症高齢者数は700万人に達し、約5人に1人が認知症になるという推計値を発表しました。つまり私たちは、誰もが認知症になりうる可能性があり、親兄弟や友人、そして何よりも自分自身の問題として立ちはだかっている時代とも考えられます。
 認知症ケアの基本は、認知症になっても「その人らしく」暮らせるように支援を行い、本人の言動を本人の立場で考えてみることが認知症ケアの基本です。例えば、認知症の人の行動を介護者の立場から「問題行動」と捉えるのではなく「その人の心の表現」と解釈し、本人の意図するところや訴えたいことを把握し、本人の立場で対応することで結果的に「問題行動」といわれる行動が少なくなります。
 認知症看護認定看護師として大切にしていることは「認知症の人の視点に立ち安心して療養生活が送れ、最期まで自分らしい豊かな一日を過ごすためには何が最善であるかを支援できるよう」活動を行うことです。そのためには、認知症の人が体験している世界を知り認知症の人が日々の生活の中でどのような経験をし、どのような生活に困難を感じ、どのような看護を求めているのか一人ひとりの思いを知ることから看護が始まるのではないかと考えています。
 認知症の人が感じている思いに看護師がしっかり身を置き、言葉にできない声やサイン、何かを伝えようとする気持ちをくみ取り寄り添うことで、治療に「希望」や「意思」が反映されるよう働きかけています。
 日々の関わりの中で「その人らしさ」を引き出し、なじみの関係づくりを行い認知症の人の不安を少なくし、安心して治療を受けて頂くことができるよう多職種や家族と連携して環境調整を行っています。
(ハコラク 2019年7月号掲載)


亀田病院 分院 亀田北病院
函館市石川町191-4 ☎0138-46-4651
http://www.hakodate-kameda-hp.com/kita/
■診療時間/ 9:00~12:00    
             13:00~17:00
■休診日/土・日曜、祝日

      介護コラム











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      7月16日の紙面

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト