函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

令和生まれの料理店巡り②/居酒屋 FUSHIMI

居酒屋 FUSHIMI
居酒屋 FUSHIMI
伏見司さん
     いつもとは違う趣向でちょっと贅沢に
     特別な日もシメの一軒にも使える店

     電車通り沿いで真っ赤なのれんが目を引く「居酒屋FUSHIMI」は、馬肉の本場・熊本県から直送される新鮮な馬刺しと、国産牛をメインにした炙り肉寿司の専門店。学生の頃から開業を夢見て、飲食店で経験を積んだ伏見司店主が、「海鮮や焼鳥店が多い函館の一等地で、ほかにはない変わり種で勝負したかった」と念願だった居酒屋を開店。カウンターメインの店内では伏見店主と会話しながら過ごせるため、一人、二人の少人数客が多く、昔食べた馬肉の味を懐かしんで訪れる50代、60代の男性客もいるという。
     馬刺しメニューは上赤身、霜降りトロ、ハラミ、ヒレ、たてがみ、ふたえごの6部位とユッケの7種類。さばきたて馬刺しの専門業者から仕入れた塊肉を、注文を受けてから調理する。部位ごとに異なる食感や旨みを楽しめるのが醍醐味で、特に、脂身が多くホルモンのような口当たりの「たてがみ」と、焼肉店などでもなじみ深い「ユッケ」が人気。専用の甘口しょう油も熊本から取り寄せる。一方、炙り肉寿司は表面をさっと炙ることで肉の甘みを引き出し香ばしさをプラス。シャリも肉に合うようバルサミコ酢で仕上げ酸味は抑え目に。東京や大阪の肉寿司店を食べ歩いて素材や作り方、トッピングを研究し、自分が納得できるベストの味に完成させた。ほか、オリジナル馬肉料理や酒のあてになる一品料理も用意。馬刺しを引き立てる九州産の芋・米・麦焼酎の品揃えも充実させた。「ちょっと贅沢をしたい時にこの店をチョイスしてもらえれば。馬肉は高タンパク低カロリーで、美容や健康にも良く、滋養強壮にもぴったりだと言われています。ぜひ食べに来てください」と伏見店主。新たな肉料理との出合いが、いつもとは違った気分と満足感を与えてくれる。
    (ハコラク 2020年1月号掲載)

    ~新鮮馬刺しと炙り肉寿司のお店~
    居酒屋FUSHIMI
    函館市本町5‐16 第6KHビル1F
    ☎0138‐83‐7565
    18:00~翌1:00L.O
    ※金、土曜は翌3:00L.O
    月曜定休(祝日の場合は営業し翌日休み)
    喫煙可 キャッシュレス決済利用可

      グルメ











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト