週間ファイル4月25日~5月1日

 ★函館のサクラ開花(25日)函館地方気象台は24日、函館のサクラ(ソメイヨシノ)の開花を発表した。平年より6日、観測史上2番目に早かった昨年より3日遅かった。
 ★闘病漫画、全国で発売(25日)運動神経に障害が出る難病「ギラン・バレー症候群」と闘病しながら漫画家として活動する函館市在住の田村紋子(あやこ)さん(36)のエッセー漫画「ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!」(講談社)の単行本が22日、全国発売された。
 ★高田屋嘉兵衛の功績後世に(26日)函館発展の基盤を築いた江戸後期の豪商高田屋嘉兵衛(1769~1827年)の偉業を顕彰する「箱館高田屋嘉兵衛顕彰会」の設立総会が25日、函館商工会議所で開かれ、今年8月1日に顕彰・追悼式典を開催するなどの事業計画を決めた。
 ★新幹線開業1カ月、効果実感これから(26日)26日で北海道新幹線開業から1カ月を迎えた。新函館北斗駅の商業施設や1月にオープンした道の駅「みそぎの郷きこない」がにぎわいを見せている一方で、函館市内の飲食、宿泊施設の関係者はまだ開業効果を実感できないとする声が多く、大型連休以降の需要増に期待を寄せている。
 ★函館マラソン、ハーフの部に福士加代子選手が出場(27日)6月26日に開かれる「2016函館マラソン」(実行委など主催)のハーフマラソンの部に、リオデジャネイロ五輪女子マラソン日本代表の福士加代子選手(34、ワコール)が出場することが決まった。福士選手をはじめとした招待選手は計19人、実業団選手なども加えた「エリートランナー」は、過去最多の150人を超す見込み。
 ★多彩なパンジーで観光客歓迎(28日)函館市の「函館駅前花いっぱい事業」を担う桔梗造園(石川町、山本久明社長)は函館駅前広場の花壇造成作業を進めている。28日には、NPO法人「スプリングボードユニティ21」(折谷久美子理事長)のボランティアも参加。6月中旬までは約1万4000株の色とりどりのパンジーを主体とした花壇となり、函館を訪れる観光客を出迎える。
 ★各施設に観光案内所設置(28日)函館市は29日からの春の大型連休に合わせて、市内に観光案内所を設置する。北海道新幹線開業に合わせた取り組みの継続で、JR函館駅、五稜郭タワー、金森赤レンガ倉庫に設置。五稜郭公園では箱館五稜郭祭実行委員会による「五稜郭おもてなし隊」が観光客を出迎える。
 ★フルマラソン終盤のエイド 夕張メロン用意(29日)6月26日の「2016函館マラソン」(実行委など主催)で、ランナーが水分や食べ物を補給できるエイドステーションに、青果卸の中川青果(西桔梗町589、中川隆司社長)は、旬の夕張メロンを提供する。6月で創業100年を迎え、「100年分の地域への感謝」をお届けする。

 ★寒いけど観光熱く、GWスタート(30日)北海道新幹線開業後、初めての春の大型連休がスタートした29日、道南はあいにくの雨に見舞われた。新函館北斗、木古内の駅周辺は新幹線の到着とともに、観光客や帰省客らでにぎわいをみせ、松前町では恒例の松前さくらまつりが開幕。函館市内の各観光スポットも客足が増え始めたが、観光事業者、観光客ともに天候回復を待ち望む連休初日となった。
 ★新駅、空港ともに混雑
(30日)大型連休初日の29日、道南の玄関口となる新函館北斗駅や函館空港は、旅行客や帰省客で混雑した。北海道新幹線は多くの下り列車が満席となり、3月の開業日以来の高い乗車率となった。
 ★柏稜高、桜が丘通に「お休み処」(1日)函大付属柏稜高校商業科の生徒が4月30日、同校に面したサクラの名所「桜が丘通」に「お休み処」を設け、花見客をもてなした。時折冷たい風が吹く中、生徒たちは温かいお茶やあめを配って全国の観光客と交流した。
 ★川道社長 遺体搬送の後方支援(1日)今月中旬に発生した熊本地震を受けて、亀田葬儀社(函館市桔梗3)の川道一司社長(50)は、全国霊柩自動車協会(東京)が設置する災害対策中央本部(同)の一員として、被災地での緊急遺体搬送の支援業務に当たっている。

      週間ファイル

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会