• 秋季大会
    高校野球

クリスマスファンタジーでひろさきナイト

 クリスマス前最後の週末を迎えた19日、「2015はこだてクリスマスファンタジー」では、青森県弘前市によるスペシャルイベント「ひろさきナイト」が行われた。恒例の巨大アップルパイの配布やステージイベントで盛り上げ、同市の魅力をPRした。
 同市のイベントは5年目で、この日は弘前駅から直通の特急で約400人が来函。函館の関係者や「イカール星人」が「ようこそ函館へ」と乗客を出迎えた。
 点灯式で葛西憲之弘前市長は「ひろさきナイトを継続し、一層結び付きが強まったと感じている。今後も函館と手を結んで成長していきたい」とあいさつ。函館市の片岡格副市長らとともにツリーを点灯させ、ステージでは、ご当地アイドル「りんご娘」や津軽三味線の第一人者渋谷和生さんの演奏が花を添えた。
 また、配布したアップルパイは、市民団体「巨大アップルパイ世界に挑戦する会」が担当。オーブンなど機材を持ち込み、直径2メートルの巨大なパイ1枚に400個のリンゴを使っているという。午後6時半の配布開始前には市民が長い列をつくった。新渡戸洋輔会長(56)は「りんごの街のアップルパイを食べて喜んでもらえる機会。大きい分、おいしさも大きい」と話していた。
 この日は、点灯式に先立ち、函館空港に降り立った中国東方航空の杭州線乗客へのプロモーション、市内スーパーでのリンゴの販促キャンペーンなどを展開。北海道新幹線開業も見据え、例年以上にPRに力を注いだ。葛西市長は「弘前市民にとって函館は思い出の街で、似ている部分やつながりが深い。これまでの交流をベースとして発展させていきたい」と話していた。(今井正一)

      イベント・セミナー

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月19日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会