函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 特集
    私の3月11日
  • 採用情報
    函館新聞社

平日夜に大人向け企画を開始・はこだてみらい館

 函館市の公益施設、はこだてみらい館(函館市若松町、キラリス函館3階)は、平日夜を中心に大人向けの講座などを開く取り組み「#オトナみらい館」を開始した。
 同館は縦2・4メートル、横14・4メートルと国内最大級の巨大高精細LEDディスプレイなど先端技術を使ったコンテンツを目玉とした施設。小中学生の利用が中心で、近年は修学旅行生の利用も増加していた。館内では以前より電源や無料Wi-Fiが使えるほか、平日は飲料をサービスするなどの工夫をしていたが、特に平日夜間の集客に課題があった。
 新たな取り組みでは12日から同館の蔵書約500冊が楽しめる「秋の読書展」(30日まで)を開催。月に1回程度大人を対象としたクラフトワークショップを計画した。
 第1弾として20日に開いたワークショップ「かすたむノート『上製本』」では、表紙約50種、ノート用紙など3種のほか、さまざまなパーツを用意し、オリジナルのノートを制作。作業は約60の行程があり、参加者は真剣な表情で用紙を縫い、表紙と組み合わせた。初めて同館を訪れた道教育大函館校4年の木下千暖さん(23)は「自分で1から材料を集めようと思うと大変。のり付けが難しく慎重に作業した。使うのが楽しみ」と話していた。
 入館料は小学生以上1回券300円。ワークショップは12月18日に「ウインターアクセサリー」、1月22日に「オリジナルギフトボックス」の制作をそれぞれ予定。ワークショップは事前に申し込みが必要。問い合わせは、同館(0138・26・6000)へ。(伊藤 尚)

      イベント・セミナー











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト