朝市漁火がごめ丼、初出場で全国4位入賞

 【東京】全国各地のご当地食材を丼にした「全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が17日、東京ドームで行われ、初出場した函館朝市漁(いさ)り火がごめ丼が4位に入賞し、来年の同選手権のシード丼の権利を獲得した。
 今月8日から17日まで同会場で開かれた、地方の食、祭り、伝統芸能が一堂に集まる「ふるさと祭り東京」(実行委員会主催)のメーンイベント。7回目の今回は予選を勝ち抜いた、がごめ丼など全国11の丼と過去の大会で上位に入った4つのシード丼が登場した。1杯500円の丼を食べた来場者が、気に入った丼にコインを投じ、順位を競った。
 がごめ丼は、道南産のふっくりんこを使ったホタテの炊き込みご飯の上に、がごめ昆布、イカ、ウニ、ホタテ、イクラをふんだんに載せた品。函館朝市協同組合連合会の井上敏廣理事長は「初出場で入賞は上々の出来だ。10日間の期間中は大変だったが、大勢の人が食べてくれ、手応えがあった」と笑顔で振り返った。
 八戸銀サバトロづけ丼(青森)が優勝、2位は志布志発かごしま黒豚三昧(鹿児島)、3位は十勝牛とろ丼(十勝管内清水町)だった。

      イベント・セミナー

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会