• 花火招待券プレゼント
  • 6月のプレゼント
    花火大会観覧席・映画鑑賞券
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 求人情報
    エンジニアスタッフ

あの店のこの一品/和遊彩食郷GO 穴子天

穴子天

武藤郷司さん

和遊彩食郷GO

     今こそ食べたい噴火湾産の旬アナゴ 季節の食材を生かし“本物の満足”を届ける

     松陰町で2001年に創業し、16年前から本町で暖簾を掲げる「和遊彩食 郷」。ホテルの懐石料理店で修業し、料理人として35年以上歩んできた武藤郷司代表が“常に食べたいものが食べられる店”をモットーに腕を振るう。全国の旬な味覚を届けるため食材の産地にはとらわれず、和食の技を基本に素材の味を生かしたシンプルな一品から、創意を凝らしたオリジナル料理まで、季節に合わせて取り揃え男性客を中心に人気を集める。
     「穴子天」(1,200円)に使うのは大ぶりな噴火湾産のアナゴ。6~8月にかけての旬の時期には、旨みが凝縮された肉厚な身をサッパリと味わえるので特におすすめという。タレの前にまず試したいのが塩。甘味を感じるまろやかな沖縄県宮古島の「雪塩」で味わえば、カラッと揚がった衣の中から溢れるジューシーな白身の味が引き立ち、ふんわりとした食感に驚かされる。絶妙なやわらかさには細やかな骨切りが欠かせず、タレのダシには“献上コンブ”としても知られる南茅部地区産の真コンブを使用するなど、細部までこだわりの味を楽しませてくれる。「高価なイメージを持たれがちですが、良い食材を使っても価格を抑えるよう心掛けています。本物の満足感を味わって欲しい」と気さくに話してくれた武藤代表。舌の肥えた大人たちが集うのも納得の一軒だ。
    (ハコラク 2019年7月号掲載)


    和遊彩食郷 GO
    函館市本町22‐11 グリーンエステートビル
    ☎0138‐31‐2355
    17:30~23:30(23:00L.O)
    日曜定休 
    喫煙可 クレジットカード利用可











      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. ロシア極東大閉校へ 25年度の入学募集停止
      2. 函館市議会 道南ドクヘリ、函病の離着陸拠点本格実施
      3. 陸上男子3000メートル小林が大会新 女子四種競技で川辺も 函館・渡島中体連
      4. プロレス「ノア」7月8日、13年ぶり函館開催 大和田選手がPR
      5. 函館市議会一般質問 一問一答(13日)
      6. 公表時期示されず 再検討後の計画内容 棒二跡再開発
      7. 22日から夏の高校野球支部大会 組み合わせ決まる
      8. さぶりメロン初競り、2玉で10万円
      9. 花と緑のまちづくり~函館市住宅都市施設公社だより/公社ってなに?公園管理ってなに?
      10. 血糖の変動を可視化 持続血糖モニター機器

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      6月14日の紙面

      SNS公式アカウント

      6月14日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト