函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 4月プレゼント
    映画鑑賞券
  • クマ
    出没マップ

観光シーズン前に土産品見本市/不二屋本店

 春からの観光シーズンを前に、土産品卸の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は19、20の両日、函館総合卸センター流通ホールで土産品の展示会を開いた。会場には約3000点が並び、観光施設の土産品店など取引先の担当者が試食しながら、商品を品定めした。
 同社は商品を企画し、委託した食品メーカーが製造する手法で道内の土産品開発を手掛けている。菓子を中心に珍味や水産加工品、ラーメンなどを展示した。
 約150点の新商品を集めたコーナーでは、「尾木カリー」のレトルトカレーや明太子入りの「数の子松前」などを並べ、案内した社員が取引先から味の感想を聞いていた。
 名取社長は「地元の有名店と連携した商品が特徴。観光で函館を訪れてもらうことが欠かせないので、新型肺炎の影響が心配」と話していた。(深津慶太)

      小売・サービス

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト