• 12月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

三越跡に「十字屋ホテル」9日開業

 百貨店の旧三越函館店跡に「十字屋ホテル」(函館市五稜郭町32)が9日に開業する。三越の店舗だった扇型状の建物を生かし、24室を用意。和泉孝平支配人は「宿泊客とフレンドリーな関係をつくれるホテルにしたい」と話している。
 同ホテルは、ホテルエスパル(千代台町26)を経営する「函館十字屋」(林一彦代表)が運営。約9000万円かけ、内部を改修した。
 コンクリートむき出しの床や天井が特徴で、客室内の天井が高く、一部の客室は窓も広い。和泉支配人は「建設当時に書かれたと思われる梁の図面や印をそのままにした。建物の歴史も感じてほしい」と話す。
 建物は行啓通の交差点に面し、五稜郭公園や本町の飲食店街に近い。1988年に開店した三越は2005年に閉店。その後は信販会社、マンションのショールームとして使われたが、近年は空き店舗となっていた。
 客室はシングル21室、ツイン3室。大手グループのホテルなどが近接しているが、「スタッフの顔が見えるホテルとして、差別化を図る」としている。
 月内の宿泊料金は平日1泊4000円前後。7月以降は5000~7000円。問い合わせは同ホテル(0138・86・5658)へ。(深津慶太)

      小売・サービス

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト