函館新聞電子版

緊急事態宣言宣言延長 函館の宿泊、観光関係者ら諦観

 政府が北海道など9都道府県に発令している新型コロナウイルスの緊急事態宣言(16~31日)について、6月20日までの延長を決定したことを受け、函館市内の宿泊施設や観光施設の関係者からは、長引く観光の停滞ムードを不安視する声とともに「どうしようもない」と状況を諦観する声が聞かれた。
 函館朝市で「函館カネニ」を営む、函館朝市協同組合連合会の藤田公人理事長は、長期化する宣言に「あきれて何も言えないが、こればかりはどうすることもできない」と肩を落とす。宣言を受け、朝市では休業や時短営業に踏み切った店も多いといい「朝市関係者や、ほかの業者も大変な状況。宣言が解除されてもお客さまが戻ってくるわけではない。今はじっと我慢」と言葉少なに話す。
 「函館元町ホテル」(大町)を経営する、函館ホテル旅館協同組合の遠藤浩司理事長は「例年、5月後半から6月にかけては大型連休も終わり、観光客の動きは鈍い時期」とした上で「観光の入り込みも既に落ち込んでいるので、さほど影響は変わらないのでは」と冷静に受け止める。宣言発令で道は市内の飲食店に対し時短を要請したが「宿泊業は飲食業と違って大きな規制もない。来るお客さまがいればしっかりもてなし、リピーターにつながるよう、引き続き受け入れ体制を整えておきたい」と前を向く。
 31日まで休館している函館金森赤レンガ倉庫は、延長決定を受け、6月以降の営業は検討中としており、同倉庫を運営する金森商船の柳谷一美常務は「休館はやむを得ず、断腸の思いだが、安全な状況にならなければ営業再開は難しい。今はとにかく一日も早い収束を願いたい」と話す。函館山ロープウェイも、延長決定を受けた対応は検討中としている。(飯尾遼太)

      観光











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      東京2020 オリンピック【速報】

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト