函館新聞電子版

  • 電子版購読者限定
    ペア宿泊券プレゼント
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況

天の川鮎愛好会組合が天野川に稚アユ2万匹放流 2年ぶり

 【上ノ国】町内を流れる天野川のアユ資源維持活動を実施している「天の川鮎(あゆ)愛好会組合」(三浦實会長)は22日、天野川と同河川支流の上の沢川で12~15センチの稚アユ、約2万匹を放流した。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止しており、実施は2年ぶり。
 放流事業は協賛金を募りながら1985年から取り組んでいるが、中止は昨年を含め3回のみ。当初は滋賀県や宮城県から取り寄せていたが近年は、秋田県を流れる阿仁川近くの養殖地に引き取りに行っている。今年は、同組合の鈴木廣昭さん(66)と佐藤輝美さん(63)が2日がかりで運搬した。
 放流場所は、天野川に架かる宮越橋や上の沢川に架かる上ノ沢橋の地点など計4カ所。作業には、三浦会長と昨年度から同組合の協力を得て「アユ釣り」の体験観光プランづくりを続けている上ノ国町観光振興公社事業推進課の布施友樹課長、地域おこし協力隊の松原智史隊員も参加し、バケツやタモ、プラスチック製パイプを使用して放流した。
 放流を終え鈴木さんは「今年は例年より大きく元気が良いので、全てのアユを生きたまま運搬できた。後はコロナが収まることを願うのみ」と話し、布施課長は「コロナが収まれば組合と協力し、体験プランを実現させたい」と話していた。(入江智一)










      最新記事











      トピックス







      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医5月22日付

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 旧函館支庁庁舎に「ジョリジェリ」入居へ まずは食から
      2. 同僚を殴った会社員の男を傷害容疑で逮捕
      3. 箱館五稜郭祭開幕/3年ぶり土方コンテスト、佐々木育恵さん悲願の優勝
      4. 【速報】函館市95人、渡島32人、桧山14人が感染
      5. 七飯町の死亡事故、運転者の死因は内因死
      6. 男子ラ・サール、女子白百合Ⅴ/高体連テニス
      7. 恵山つつじまつり開幕
      8. ナイフ所持、海上自衛官の男を逮捕
      9. 大谷2園の園児たちが稚児行列 東本願寺で花まつり
      10. 箱館五稜郭祭/中島三郎助父子最後之地碑ほか3か所で碑前祭

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      はこしんフォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      はこしんバックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      紙面ビューア

      5月22日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト