函館新聞電子版

  • 5周年
    函館新聞電子版
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 6月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

矢越クルーズ運行開始 宿泊とセットの「しりうち割」も

 【知内】今年で9年目を迎える矢越クルーズ(村田優代表)は26日、今季の運行を開始した。5月からは町の「しりうち割」を利用し宿泊とクルーズ乗船のセットプランを打ち出す。村田代表は「町内の宿泊施設と連携を強化し、長く滞在していただくことで、知内町をまるごと楽しんでほしい」と意気込む。
 クルーズは、小谷石漁港から矢越岬を越え、神秘的なブルーが魅力的な通称「青の洞窟」が見せ場。ダイナミックな断崖絶壁や透明度の高い風光明媚な海岸線を巡る。特に4月から6月まではイルカに遭遇する確率が高い。矢越海岸を知り尽くした村田代表のガイドも魅力のひとつ。
 昨年は、新型コロナウイルスの影響で休業を余儀なくされたが、感染症対策を講じたうえで運行を再開。リピーターを中心に集客し持ち直した。今後は、コロナ禍に対応した1便貸切りのプランなどを積極的にPRしている。
 「しりうち割」は、渡島・桧山地区の居住者に、5月1日から町内の9カ所の宿泊施設の宿泊料金を最大1万円割引く。小谷石地区の民宿ムラカミヤ、海の宿矢越、海峡の宿然のほか、知内温泉旅館で、宿泊と乗船のセットプランが割引になる。
 さらにクルーズ乗船客から、昼食場所の問い合わせが多いことから、今季から民宿ムラカミヤで使えるランチの割引券300円分を配布している。同民宿では、カキニラ御膳が人気で6月からはうに丼の提供も始まる。
 乗船時間は約80分。乗事には予約が必要。料金は中学生以上5000円、小学生2500円。6月からは道の駅「みそぎの郷きこない」から送迎する。予約、問い合わせは電話(01392・6・7854)(佐藤由紀彦)

      観光











      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医6月13日
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト