• 求人募集
    函館新聞社
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況

大沼で遊覧船下架作業 11日営業開始

 【七飯】大沼で遊覧船を運営する大沼合同遊船(川村晃也社長)は10日、今季の営業開始を前に遊覧船の下架作業を行った。春を告げる大沼の風物詩で、運航は11日からスタートする。
 この日は社員らが声を掛け合いながら専用のレールに乗せ、5隻を湖に下ろした。順次試運転も行い、水漏れや動作を確認し万全の準備を整えた。
 同社によると、昨季は新型コロナウイルスによる約1カ月半の休業や観光客の減少などが影響し、利用客は前年比約4万7000人減の約2万8000人だった。堀純社長室長は「今季も前半は一般旅行客が見込めない状況。この情勢で遠出は難しいと思うので、地元の人たちに遊びに来てほしい」と呼び掛ける。
 例年は12月上旬まで運航していたが、今季は客の入り込みをみながら判断するという。料金は中学生以上1120円、小学生560円。新型コロナ対策として、定員数の削減や換気を徹底している。問い合わせは同社(0138・67・2229)へ。(北川隼夢)










      最新記事











      トピックス







      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 高橋病院、24年秋移転 元町にクリニック検討
      2. 函館新道の中央分離帯で車1台停車 運転の男性が死亡
      3. 函大有斗、遺愛Ⅴ バスケ高校秋季大会
      4. 函館市85人感染 渡島27人 桧山8人
      5. 絵画で心にも彩りを テーオーデパート開店60周年記念し企画展
      6. 大泉氏が5日に正式出馬表明 函館市長選
      7. 「オズワルド」ら出演 10月に函館で大型健康フェス
      8. 一山本関が後輩にエール 母校・大野農業高校を訪問
      9. 窃盗容疑で無職男を逮捕
      10. 道南自治体対応分かれる 桧山振興局は半旗掲揚

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月28日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト