• 参加者募集
    親子書き初め大会
  • 採用情報
    函館新聞社

高橋知事、いさりび鉄道激励

 高橋はるみ知事は16日、来年3月26日に開業する函館市の道南いさりび鉄道本社(小上一郎社長)と、北斗市の新函館北斗駅を相次いで訪れた。
 知事がいさりび鉄道を訪問するのは、本社が札幌にあった時代も含め初めて。小上社長と面談後、社員20人を前に「新幹線の二次交通、地域住民の生活の足、本州との物流の基盤を守るという役割のほか、JR東日本が新幹線開業後も本州と北海道を結ぶ寝台列車を走らせることとなり、皆さんの力によってレールの基盤があることが何より重要。素晴らしい開業を迎えることを心から応援したい」と訓示した。
 小上社長がスタッフジャンパーや開業100日前記念乗車券を手渡すと、知事は「私も応援団の一員です」と笑顔を見せた。
 その後、新函館北斗駅に移動し、高谷寿峰市長の出迎えのもと、駅舎を鳴海正駅長の案内で視察。天井に道南スギを使ったエントランスや、ホームに設置された駅名標などを見て回った。新駅の視察は今年3月以来という。
 視察後、知事は「安全、定時性をしっかり守ってお客さまを北海道に誘客してほしい。4時間を切る時刻表を期待しており、運行状況を見極めながらレベルアップを」と注文した。(山崎大和)

      観光

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      12月11日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。