函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 4月プレゼント
    映画鑑賞券
  • クマ
    出没マップ

アイスカルーセル日本初開催 10~12日に大沼湖上

 【七飯】ぐるり道南観光推進協議会(小林克彦会長)は10~12の3日間、大沼のカフェレストラン「ターブル・ドゥ・リバージュ」付近の湖上で、日本初となる“氷のメリーゴーラウンド”「アイスカルーセル体験」を開催する。
 アイスカルーセルは、氷湖を円状に切り抜き、湖面に浮かんだ円状の氷を回転させる氷のメリーゴーラウンドのようなもので、主にフィンランドで楽しまれているアクティビティー。
 観光バス会社「クールスター」(札幌市)と旅行会社「クラブツーリズム」(東京都)が、新たな冬のアクティビティーを考案する中で、アイスカルーセルに着目。ロケーションの良さなどから大沼での実施を希望し、同協議会がバックアップした。
 期間中は、氷の建造物制作などを手掛ける「糸冬工藝社」(後志管内倶知安町)が制作を担当。チェンソーを使い、直径15メートルの円を作り、端に旋回機を埋め込んで回転させる。1回で20~30人乗ることができ、中に設置するベンチに座ったり、中心で寝そべったりして、大沼の景色を眺めながら楽しむことができる。
 1回5分程度を予定しており、午前10時~午後3時。料金は、アイスカルーセル体験とそり体験、ホットドリンクが付いたコースで中学生以上3500円、小学生1750円、未就学児無料。参加者は、ポロト館大沼公園店に集合する。
 同協議会の小林会長は「日本初の試みで、大沼の自然ならではのロケーションと景観を生かした素晴らしいアクティビティーになっている。3日間だけの開催なので、ぜひ大沼に遊びに来てほしい」と来場を呼び掛ける。
 空きがあれば当日でも体験可能だが、予約を勧める。予約、問い合わせはクラブツーリズム(03・5998・2222)へ。(北川隼夢)

      観光

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト