• 12月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

函館の景色楽しんで 元町配水場に物見台完成

 函館市元町の元町配水場内の展望広場に物見台が完成し、14日から利用できるようになった。眼下に広がる市内の景色を楽しめるだけでなく、周辺にはベンチも4基設置。市民や観光客に憩いの場を提供している。
 国土交通省の「景観まちづくり刷新支援事業」の指定を受け、市が2017年から3年で取り組む観光地整備事業の一環。事業費は約2500万円で、2分の1は国からの補助を受ける。旧函館検疫所台町措置場(船見町)もより良い眺望が見られるように展望スペース設置などの整備を実施中で、今年中の完成を目指す。
 良好な眺望を誰もが楽しめる視点場(ビュースポット)としての役割を果たす。物見台の高さは約2・5メートル。ベンチの設置と周辺の園路も歩きやすいように石張りに舗装した。市まちづくり景観課は「気軽に函館の景色を楽しんでほしい」としている。
 今年度の同場の開放は23日まで(午前9時~午後4時半)。来年度は4月の第4土曜日から開場する。(小杉貴洋)

      観光

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医(12月15日)
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      12月15日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト