• 電子版
    3周年特集
  • 電子版
    3周年記念読者プレゼント
  • 特集
    函館の礎
  • 採用情報
    函館新聞社

岩部クルーズ船が完成 福島町まちづくり工房が運行へ

 【福島】一般社団法人福島町まちづくり工房(上嶋利洋代表理事)が6月1日から開始予定の「岩部クルーズ」で使うグラスボート「ROSE WOOD」(1・3トン、12人乗り)が完成し、建造していた小笠原造船(町宮歌)から15日、発注者の町に引き渡された。
 岩部クルーズは、150メートルの奇岩怪石が連なり、船でしか行けない秘境「岩部海岸」をめぐる。同法人は17年から6人乗り中古漁船で試験運航を重ねてきた。当初はクルーズ船を新造するか決めていなかったが、地方創生交付金で建造費900万円の大半を賄えるめどがついたことから、町が同法人に貸し出す形での運用が決まり、昨年末から建造に着手した。
 クルーズ中に「青の洞窟」に入ることから、反射光を抑えるよう船体は濃いグレーに塗り、金文字で船名と「IWABE CRUISE」の文字をあしらっている。船体は揺れにくく安定するように船体長が7・35メートルに対し幅2・22メートルと幅広なのが特徴だ。
 この日は、同船の船長、福士敏嗣(としつぐ)さんの操船で、平野主任と町職員ら5人が乗船し、3キロほど離れた定係港の福島漁港に回航した。
 今後、北海道運輸局に内航不定期航路(4コース)を申請し、試運航を重ねてクルーズ開始に臨む。(神部 造)

      観光

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト