メークインふんだん、巨大コロッケ完成

 【厚沢部】厚沢部特産のジャガイモ、メークインをPRする巨大コロッケ作りが22日、町役場前駐車場で行われた。直径2・1メートルの巨大コロッケが揚がると、観客から盛大な拍手が送られ、集まった約1000人に無料で振る舞われた。
 21、22両日開催の「第15回あっさぶふるさと夏まつり」(実行委主催)の目玉イベント。材料は厚沢部産メークイン250キロとタマネギ、ひき肉などを使い、厚沢部商工会青年部(渋田潤介部長)などが協力して会場で成形した。
 コロッケはクレーンでつり上げられ、来場者のカウントダウンの後、200度に熱した油の入った特製鍋の中へ。5分ほどで表面がキツネ色にカラッと揚がり、出来たてのコロッケを求めて長蛇の列ができた。八雲小学校(八雲町)4年の水野凛さん(9)は「サクサクな衣とイモのしっとりとしたところがおいしい。また食べたい」と元気よく頬張っていた。
 夏まつりではこのほか、キャラクターショーやビンゴ大会も行われ大にぎわいだった。(蝦名達也)

      観光

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会