大沼の遊覧船さぁ出番 今季営業開始

 【七飯】大沼で観光遊覧船を運航する大沼合同遊船(小泉真社長)は10日、今季の営業を前に、遊覧船5隻を湖に下ろす作業を行った。試運転では軽快なエンジン音を響かせ、大沼に春の訪れを知らせた。営業は11日から。
 この日は社員12人で、同社所有の「第二おおぬま」(18トン、116人乗り)など、10~18トンの船5隻を下架。作業は社員同士で声を掛け合いながら専用のレーンに船を載せ、1隻ずつ慎重に湖へ浮かべた。今冬は大雪に見舞われたが、3月末からの好天で雪解けが急速に進み、昨年と同時期の営業開始となった。
 同社によると、昨シーズンの利用は約8万2500人で、前年から1万4500人ほど減少。台湾を中心とする外国人観光客の利用は堅調だったが、国内の団体客が減っているという。そこで今年は、国内大手旅行会社の道南周遊ツアーに遊覧船を組み込み、通年で国内団体客を受け入れる。同社の川村吉弘常務は「団体客と同じく地元の家族連れに楽しんでもらいたく、従業員一丸となって出迎える。秋の紅葉ライトアップクルーズなども利用してもらいたい」と話している。
 運航は12月中旬までを予定。料金は中学生以上1100円、小学生550円。遊覧船のほか12人乗りのモーターボートやペダルボートなども用意。問い合わせは同社(0138・67・2229)へ。(蝦名達也)

      観光

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会