• 参加者募集
    親子書き初め大会
  • 採用情報
    函館新聞社

新幹線活用した観光振興語る 木古内で開業2年トークイベント

 【木古内】26日に北海道新幹線の開業から2年を迎えたことを機に、道南の観光に携わる7人が地域の魅力、観光の可能性について語り合うトークイベント「北海道新幹線を活用した観光振興&まちづくり@きこない」(道など主催)が27日、道の駅「みそぎの郷きこない」で開かれ、町内外から訪れた38人が聴講した。
 青函トンネル開業30周年、北海道命名150年、新幹線と道南いさりび鉄道の開業2周年をそれぞれ記念して開催。平野沙紀さん(北海道北海道新幹線推進室主事)、杉本夏子(津軽海峡マグロ女子会会長)さん、津山睦さん(道の駅みそぎの郷きこない観光コンシェルジュ)、室谷元男さん(江差いにしえ資源研究会会長)、小笠愛里沙さん(トレジャーインストマックCEO)、勝又康郎さん(道南いさりび鉄道経営企画部長)、プーワナット・スパープクンさん(タイ人向け観光コーディネーター)がパネリストを務めた。
 トークイベントでは、道南の観光の担い手から「地域の活性化のためには、それぞれの地域で活動をやり続けることが一番重要」(杉本さん)、「観光客に道南の人々の魅力を紹介し、人の温かさにふれる旅を提案することで、安心して観光を楽しんでいただける」(津山さん)など実感のこもった声が出された。また、小笠さんからは「コンテンツの面はすでに充実しているが、アクセス面の情報提供をもっと充実させてほしい」と注文が出された。(神部 造)

      観光

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      12月12日の紙面

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora