函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 4月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

21日に初の魚介マルシェ 漁業者らが企画

 函館の一次産業を盛り上げる初のイベント「ハコダテフィッシャーマンズマルシェ」(シエスタハコダテ、函館コミュニティプラザ=Gスクエア主催)が21日、同施設屋外テラスで開かれる。函館市漁協所属の若手漁業者5人が函館産魚介類を直接販売することで、漁師の役割や重要性を知る機会にしてもらう。正午~午後3時で、商品がなくなり次第終了。(山崎大和)
 販売品はアワビ2個入り1000円、アカザラ貝300グラム500円、アオツブ1キロ500円、ミズタコ大1000円、小500円、函館産乾燥ワカメとだしコンブのセット500円(全て税込み)のほか、ババガレイやマコガレイなど鮮魚も用意する。購入者(先着100人)に函館産新鮮ワカメを進呈。500~1000円と買いやすい価格で提供する。漁師が教える食べ方の説明文も一緒に添付する予定。
 農家のマルシェはあっても、漁師のマルシェはなく消費者との距離が遠い現状を変えるため、漁師に目を向ける消費者を増やそうと、5人が立ち上がった。前向きな反響が多く、海産物卸問屋「福田海産」(函館市宇賀浦町)も協力者として手を挙げた。福田久美子社長は「魚は店頭で見るけれど、魚を捕っている人は誰なのか知られていない。顔の見える関係づくりをお手伝いしたい」と話す。
 第1弾の活動について、プロジェクト発起人の熊木祥哲さん(40)は「市民に漁師のリアルな日常を知ってほしい。万全な準備をして当日を迎えたい。今回のイベントをきっかけにマルシェの活動を継続できれば」と意気込む。
 会場では、アワビやナマコなどが入った水槽展示、漁師の日常をカメラに収めた写真の展示も計画している。
 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、午前11時から整理券を配る。問い合わせはGスクエア(0138・35・4000)へ。

      一次産業











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト