• 採用情報
    函館新聞社

開設半年、函館アリーナ効果着々

 函館初の大型多目的施設「函館アリーナ」(湯川町1)が昨年8月1日の開館から半年を迎えた。人気ロックバンド「GLAY」によるこけら落とし公演を皮切りに、各種スポーツ大会やコンベンション会場として活用され、地域にはさまざまな形で「アリーナ効果」が波及。今年も「MICE」(マイス=会議や大会、展示会などの総称)会場として活用が広がろうとしている。
 指定管理者の市文化・スポーツ振興財団は、運営上の課題を日々改善しながら業務を進めている。小越康雄館長は「いろいろと大変だったが、何とか大きなイベントも乗り越え、主催者や利用者からは好評価をいただいている。気の抜けない日々だが、満足してもらえるよう取り組んでいる」と話す。
 スポーツ大会では昨年8月の全国中学校柔道大会、同11月の大学ハンドボールの全日本学生選手権大会では選手、関係者含めて数千人が来函し、観光面のにぎわい創出にもつながった。プロスポーツではバレーボールのVリーグ、フットサルの公式戦が行われ、今後は、バスケットボール、大相撲巡業が控える。
 また、地域住民の体育施設としての利用も堅調。市民団体だけではなく、個人客の利用が増えたといい、昼夜、年代を問わず来館。器具が充実したトレーニング室も人気で、コナミスポーツが担う「フィットネスプログラム」も気軽に安価に参加できると好評だ。
 一方、コンベンション会場としては、昨年10月の全国自治体病院学会は全国から約3600人が参加。市民会館と合わせて、花びしホテル(湯川町1)も分科会会場として利用された。スポーツ大会開催時の宿泊利用も好調といい、同ホテルの西村有人専務は「各業界が函館アリーナの宣伝に力を入れ、各大会の誘致につながっている」とオール函館の成果を強調。大会参加者が函館リピーターとなるようおもてなしにも力を注ぐ。
 今年も1000人以上規模の大会が既に数件予定されている。市観光部コンベンション推進課の里村昌則課長は「会場レイアウトや開催事例を写真で示すことができるようになり、誘致時の提案にも幅が出てきた。今後も主催者の要望に寄り添い、より多くの実績を積み重ねていくことで、アリーナの価値や評価が高まっていくはず」と話す。
 コンサートホールとしては、シンガーソングライター小田和正さんの全国ツアー会場のひとつに決定した。5月21、22日の2日間で8000人規模となる見通し。幅広い年代層のファンを持つ小田さんだが、函館公演はオフコース時代の1988年以来28年ぶりでソロでは初めてという。
 運営するウエス(札幌市)の若林良三常務は北海道新幹線で集客圏域が拡大することに加え、コンサートと観光の相乗効果を期待する。若林常務は「道外からコンサートを主な目的にして、観光も合わせて来てもらうことで、地元経済が潤い、北海道の活性化になれば」と話した。(今井正一)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月13日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会