函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

遺愛高英語科生徒がラデッシュとオオバ収穫、販売

 遺愛女子高校(福島基輝校長)の英語科3年生が「IAI×ファーミング」の取り組みで同校敷地内の畑で育てたハツカダイコン(ラデッシュ)とオオバを収穫した。野菜は校内で教職員向けに生徒9人が販売し、日ごろの感謝を伝えた。
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、毎年続けてきたクルーズ客船のボランティアができないため、今年度からスタートした取り組み。同校ホワイトハウス(旧宣教師館)近くの敷地を耕し、5月中旬から生徒がジャガイやトマトといった約10種類の野菜、果物を育てている。
 3日は放課後に生徒が大きいもので直径約5センチに育った約40個のハツカダイコンとオオバの収穫作業にあたった。その後、同校購買で教職員向けに2つで10円の価格で販売し、この日とれたすべての野菜が完売する盛況ぶりだった。同科3年の猪川菜の花さん(17)は「毎日様子を見ていたので大きく育ってくれてうれしい。先生方にも喜んでもらえて良かった」と笑みを浮かべた。
 今後も校内で週1回程度野菜を販売し、売り上げは寄付による社会貢献に充てる。夏休み期間には校外での活動も予定している。(飯尾遼太)

      教育











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト