函館新聞電子版

金森ホールでトレインフェスティバル 20日まで

 金森赤レンガ倉庫(函館市末広町)で18日、鉄道イベント「カネモリトレインフェスティバルミニ」(金森赤レンガ倉庫・金森赤煉瓦会主催)が始まった。巨大ジオラマの展示やトレイングッズの販売など、鉄道に関するさまざまなブースを展開し、親子連れらでにぎわっている。20日まで。
 同フェスティバルは鉄道を身近に感じてもらおうと2018年から開催。メイン会場の金森ホールではタカラトミー社の「プラレール」約50両が走る高さ2メートルの巨大なレイアウトやJRの運転席、トロッコ鉄道の展示など、来場者が鉄道の魅力を堪能している。
 このほか、金森洋物館特設会場では26日までトレイングッズストア(午前9時半~午後5時)を開催している。ききょう幼稚園の浅井涼佑ちゃん(6)は「いさりび鉄道が好き。駅に止まっているところがかっこいい」と喜んでいた。
 金森商船営業部企画広報課の松本怜士さん(21)は「鉄道を知ってもらい、楽しく学んでほしい」と来場を呼び掛けている。
 入場無料。午前10時~午後6時。(木村京子)

      イベント・セミナー











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト