函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

ブリの解体ショーに興味津々 南茅部で親子ツアー

 はこだて海の教室実行委(菅原雅仁会長)とはこだて・ブリ消費拡大推進協議会(大島淳一会長)は11、12の両日、函館市南茅部地区で「親子地ブリツアー」を開いた。函館、北斗、七飯の親子10組20人が、鮮度抜群の刺し身を味わうなどしてブリの魅力を満喫した。
 日本財団(東京)の「海と日本プロジェクト」の一環で、函館近海で水揚げが増えるブリの食文化を醸成するのが狙い。今回は1泊2日の日程で初めてツアーを組んだ。
 南かやべ漁協が10日に定置網で水揚げしたブリ2匹を提供。ホテル函館ひろめ荘に宿泊した一行は12日の朝食で、たれカツ、ユッケ、ブリ大根、刺し身、オイル漬けの缶詰(試作品)を堪能した。
 その後、ブリ解体ショーを見学。同ホテル料理長の高田清光さん(63)が見事な包丁さばきで魚を三枚におろした。子どもたちは鮮やかな赤色の血合いに目を奪われ、ピンク色でつやがある身全体を興味深く見入っていた。渡島総合振興局水産課の石本竜大漁政係長(49)が「血合いにはタウリンが豊富に含まれ、食べると元気になる」と解説した。刺し身の試食があり、七飯七重小学校5年の手塚拓実君(10)は「マグロの大トロより脂分が少なく食べやすい。家ではたまにブリの刺し身を食べるが、もっと他の料理も食べてみたい」と話した。
 また、臼尻漁港でブリのつかみ取りやワークショップも楽しんだ。(山崎大和)

      イベント・セミナー











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト