函館新聞電子版

  • 函館合同花火2020
    動画配信
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 特集
    秋季北海道高校野球
  • 9月プレゼント
    映画鑑賞券
  • クマ出没マップ
    出没マップ

親子ら「縄文」体感 垣ノ島遺跡で今年初の公開

 2021年夏の世界文化遺産登録を目指す函館市臼尻町の史跡「垣ノ島遺跡」が6日、特別に公開された。参加した市民や親子連れ計15人が普段は立ち入れない遺跡内を見学し、縄文文化への理解を深めた。
 市教委が児童の学習と遊びの場を提供しようと設けた「はこだてっ子 学び・遊び 応援週間」(3~7日)の一環。ドローンで上空から垣ノ島遺跡を眺めるイベント「空から文化財を見てみよう」が6日に行われることから、イベントとセットで実施した。当初は5月の大型連休中に公開を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期。参加人数を制限した上で、今年最初の公開にこぎつけた。
 市教委文化財課の学芸員が案内役を務め、配石遺構や竪穴住居跡、国内最大級のコの字型盛り土遺構についてパネルを使い解説。約50分かけて遺跡内を回り、縄文人の暮らしや精神文化を体感した。
 昨年5月の特別公開にも参加したという函館柏野小6年の柳川桜子さん(11)は「もし来年開業すれば私は中学生なので、その時にまた来て詳しく学びたい」とオープンを待ち望んだ。
 特別公開と同イベントは10日も開催予定。(長内宏人)

      イベント・セミナー











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      9月20日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト