• プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

初夏の函館7436人疾走 函館マラソン、過去最多の出場

 2019函館マラソン(道南陸上競技協会、函館市、実行委など主催)が7日、函館市千代台公園陸上競技場を発着するコースで行われた。ハーフ(21・0975キロ)とフル(42・195キロ)に合わせて過去最多の7436人が参加し、初夏の函館を快走した。
 同競技場で行われた開会式では、函館市の工藤寿樹市長が「国内外から過去最多のエントリーがあった。市民の声援を受け、函館の街を颯爽と駆け抜けて」とあいさつ。午前9時にハーフ、10分後にフルがスタートした。
 招待選手21人(男子12人、女子9人)は全てハーフに出場。このうち9月の東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を持つ選手13人も熱いレースを繰り広げた。ゲストランナーのタレントではこだて観光大使の福島和可菜さんはフルを走り、ランナーと沿道に笑顔を振りまいた。
 ハーフは男子がダニエル・カヨウキ選手(桜美林大)、女子は一山麻緒選手(ワコール)が優勝。フルの男子は柴田拓真選手(小森コーポ)、女子は藤澤舞選手(エクセルAC)が制した。
 ハーフは3719人中3678人、フルは3717人中3449人が完走を果たした。大会本部によると、脱水症状などで救急搬送されたランナーは2人いたが、いずれも軽症だという。(稲船優香)

      イベント・セミナー

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医(7月21日)
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      7月21日の紙面

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      大学進学説明会2019
      Moora