• 募集
    写真の日プロジェクト
  • 電子版
    新コンテンツ追加
  • 採用情報
    函館新聞社

函館八幡宮で節分祭

 「節分の日」の3日、函館市谷地頭町の函館八幡宮(川見順春宮司)で「節分祭」が開かれた。白の格衣(かくえ)姿の参列者約50人が勢いよく豆をまき、邪気を払って福を呼び込んだ。
 豆まきに先立ち、本殿では、川見宮司による祝詞の奏上、弓の弦を引き鳴らして邪気を払う「鳴弦(めいげん)の儀」、参列者一人一人が神前に玉ぐしを捧げるなどの神事を執り行った。
 その後、参列者は本殿から外に向かって「鬼は外、福は内」と元気いっぱいに豆をまき、無病息災や家内安全を祈った。函館市の60代会社役員男性は「商売の繁盛とともに、今年も家族が元気で幸せに過ごせるよう祈りながら豆をまいた」と話していた。(金子真人)

      イベント・セミナー

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      メディカルガイド2019

      関連サイト

      Moora