• 2019年版公開
    写真プロジェクト
  • プレゼント
    花火大会観覧席
  • 採用情報
    函館新聞社

木古内寒中みそぎ祭りが13日に開幕

 【木古内】江戸時代から続くと伝えられる伝統神事「第189回寒中みそぎ祭り」(町観光協会、町商工会主催)が13~15の3日間、佐女川神社などで開かれる。実行委主催の「寒中みそぎフェスティバル」も14、15の両日、みそぎ公園などを会場に開催。夜空を彩る冬花火、物産フェアなど、さまざまな催しが繰り広げられる。
 今年の行修者は別当の加藤之康さん(21)=会社員=、稲荷の平野大心さん(17)=高校生=、山の神の石川将さん(21)=公務員=に加え、新たに弁財天を菊地隆仁さん(15)=高校生=が務め、3日間にわたって水を浴びて鍛錬を重ねる。
 祭りは、13日午後6時から、同神社の参籠(さんろう)報告祭で幕を開ける。白装束をまとった行修者がお祓いを受けた後、厳しい水ごりの鍛錬が始まる。
 14日は午後5時45分から行修者がみそぎ公園を出発し、キャンドルとかがり火の彩る木古内駅前通りを行列、同神社へと向かう「みそぎ行列」。みそぎ太鼓、みそぎ囃子(ばやし)が行修者を盛り立てたあと、神社で水ごりに入る。
 15日は午前10時から行修者らが同神社からみそぎ浜へと向かう「出御祭」。行修者が津軽海峡で御神体を沐浴する「海中みそぎ」で祭りはクライマックスを迎える。
 フェスティバルは14日午後5時半に、みそぎ公園で開幕。午後7時10分からは冬花火。15日は、午前10時から町や青森県今別町などの特産品が並ぶ物産フェア、午後0時15分からこうこう汁やみそぎ鍋などを味わう「はこだて和牛・グルメ魅了フェア」。同0時半からは今別町の「荒馬踊り」が披露され、同1時から福引抽選会。
 祭りの問い合わせは同協会(01392・6・7357)、または町産業経済課(01392・2・3131)へ。

      イベント・セミナー

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      大学進学説明会2019