• 採用情報
    函館新聞社

晩夏彩る湯の川温泉花火大会

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。
 この日は飛行機の遅れの影響で午後7時40分の開始予定より15分繰り下げてスタート。大桃誠委員長は「天気に恵まれ開催することができた。函館の夏の終わりを告げる花火大会を楽しく鑑賞してください」とあいさつ。カウントダウン後に色とりどりのスターマインが夜空を飾った。
 恒例のイカやネコを形取った仕掛け花火などのほか、今年は初めて水中花火を実施。海中に投げ込んだ花火が水面を幻想的に彩り、観客から大きな歓声と拍手が沸き起こった。
 友人2人と訪れた札幌市の団体職員上田遥さん(23)は「この花火大会に合わせて旅行を計画した。ものすごい迫力で良い思い出になりました」と話していた。(金子真人)

      イベント・セミナー

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月16日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会