函館新聞電子版

医療の現場から/国立病院機構 函館病院 医療ソーシャルワーカー 両立支援コーディネーター 片桐奈津子さん

 病院で出来る治療と就労の両立支援

 皆さんは、急に病気が見つかり治療や入院が必要になってしまった時、どんな不安を感じるでしょうか。通院や入院は、それだけでも生活の中で大きな出来事です。さらに治療と同時に就労の両立も考えなければならない患者さんもおられます。病気には、病状の経過や起こりうる副作用など先の見えない不確実なことが多くあります。この不確実さが、患者さんや職場にとっても不安に繋がります。正しい理解が得られず、病気や治療を理由に職場から不当な対応をされたり、働きたい気持ちがあるにも関わらず退職に繋がってしまうこともあります。
 治療と就労の両立をサポートするため当院にも「療養就労両立支援チーム」があります。社会保険労務士の資格を持つ事務部長と、ソーシャルワーカー・看護師2名で構成され、この内2名が専門の研修を受けた両立支援コーディネーターです。病気や治療、患者さんの体力などを具体化し、職場への橋渡しを担っています。
 ハローワークと連携し、病状や体調に合った求人情報を提供することもあります。社会保険労務士は、労働に関する専門的知識を持ち、看護師は体調や副作用に留意した具体的なアドバイスが可能です。ソーシャルワーカーは、就労の課題に伴う生活そのものに焦点を当てています。3職種がそれぞれの専門性を発揮しながら連携し、切れ目のない支援の提供に努めています。就労支援は、復職や再就職だけが目的ではありません。病状の変化に対応しながら、可能な限り就労が継続出来ることを目指しています。
 病院で就労の相談が出来るという認識が低いのが現状です。病気を理由に仕事を辞めることなく、仕事を理由に治療を辞めることなくという認識が多くの方に広まるよう、支援・啓発を続けていきたいと考えています。
(ハコラク 2021年5月号掲載)


国立病院機構 函館病院
函館市川原町18‐16
☎0138‐51‐6281(代)
http://hnh-hosp.jp/
■診療科目/循環器内科、消化器内科、呼吸器内科
                  外科、消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科
                  乳腺外科、泌尿器科、皮膚科、放射線科
                  病理診断科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、
                  婦人科、眼科、形成外科
■外来受付時間/月~金 8:30~11:30     
                                 13:00~15:30
                     ※科によっては休診の場合があるので確認を
■休診日/土・日曜・祝日・年末年始


      医療の現場から











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト