函館新聞電子版

老舗味めぐり/市中屋

市中屋
市中屋
市中屋
     変わらぬ味で愛され続ける
     焼いてもおいしい餅菓子

     谷地頭電停そばの「市中屋」は、85年に渡りこの地に根を張る〝餅屋〟。石川県能登半島出身の初代・市中安太郎さんが函館に移り住み、青柳町に構えた店が始まりで、函館大火の被害を受け、1935年に谷地頭町へ移転。今に続く店舗はそこから増改築を重ねたもので、創業年はさらにさかのぼる。
     白あんとしょう油を合わせる独自のタレの「しょうゆだんご」や1日18個限定の「黒糖むしパン」…。創業者のひ孫で4代目に当たる市中貴浩さんは、その日の気候や材料の状態に合わせて、感覚を頼りに製法の微妙な調整を重ねることで、代々受け継ぐ味を守ってきた。中でも型を使わずぷっくりとした形で硬めに仕上げる「べこもち」や餅のコシの強さが際立つ「豆大福」は、餅米100%で作るからこそ、「焼いて食べても最高ですよ」と客によくすすめるという。「昔から変わらない商品だから、この味が好きな人がまた来てくれる。そのまんまがいいんです」。ここに来れば懐かしい味がいつも待っている。
    (ハコラク 2020年12月号掲載)


    市中屋
    函館市谷地頭町26‐11
    ☎0138‐23‐3027
    (注文数が多い場合は事前予約を)
    9:00~17:00 
    火曜定休 



      老舗味めぐり











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト