• 12月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • コロナウイルス
    感染、病床状況

工場直売店を巡る⑥/いなみ食品工業 かまぼこ屋台 フライデー

陳列している商品の売れ行き具合を見ながら、稲見社長やスタッフが順次フライヤーで揚げていく。

この日の屋台には「イカ天」「こんぶ天」「タコ紅ショウガ」のほか旬の食材を組み合わせた「カボチャ天」などが顔を揃えた。リクエストも受け付けている。

金曜日には常連客が絶えず訪れ、スタッフと親しく言葉を交わす。いくつも買い求めていく人も多い。

「歴史を大切にしつつ、時代に沿った商品を生み出していきたい」と稲見社長。2019年には道南各地を回る移動販売車「かまぼこ屋台フライカー」を導入し、今年3月には一番人気の「いかコロッケ」など7種類を冷凍販売する自動販売機を工場前に設置した。

     週1回のお楽しみバラエティーに
     富んだ揚げたてのかまぼこ

     1955年に創業した「いなみ食品工業」は〝練り物〟を中心とした水産加工会社。素材にこだわり北海道産のタラのみを使ったかまぼこをメインにスーパー、飲食店などで販売。「揚げたてのおいしさをぜひ知ってもらいたい」と、毎週金曜に揚げたてのかまぼこを実演販売する直売所を工場内に設置、2017年にボイラー室を屋台風に改装して「かまぼこ屋台フライデー」と名付け、商品を拡充した。レシピは定番からアレンジを利かせたオリジナルまで200種類近くあり、毎週その中から10数種類が店頭に並ぶ。5代目の稲見浩二社長は「自分がおいしそうだな、食べてみたいなと思ったものを、アイデアに盛り込んでいる」と話し、自由な発想で和風、洋風、中華風と意欲的に新商品を生み出す。主食にも、おかずにも、おやつにもなる万能さと、味や風味の良さで評判を集め、地元はもちろん、ドライブ途中に立ち寄る人や、札幌など遠方から足を運ぶ人もいるなどファンが多い。
    (ハコラク 2022年10月号掲載)


    いなみ食品工業
    かまぼこ屋台 フライデー
    森町新川町217
    ☎01374‐2‐2349
    10:00~19:00
    金曜のみ営業
    町営P利用可
    キャッシュレス決済利用可










      最新記事











      トピックス







      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 廃車の新幹線車両を陸揚げ 港町埠頭
      2. 器物損壊容疑で男逮捕 菓子店の窓ガラス壊す
      3. 五稜郭跡築造時の「刃金板」発見 石垣内部浸水防ぐ「貴重な遺構」
      4. 12日に五重奏演奏会 国立音大の大和田さんら出演
      5. 函館市内5校で学級閉鎖
      6. 男子八雲、女子浜分が優勝 バスケ中学1年生大会
      7. 五稜郭病院「医学物理士」3人体制に 小林さん、子育てしながら一発合格
      8. 福島で軽自動車が電柱衝突、男性2人けが
      9. 青柳、大野・浜分Ⅴ バスケ道南中学新人大会
      10. キリンビバレッジ/「キリン午後の紅茶」限定ボトル

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      12月 8日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト