函館新聞電子版

博物館・郷土資料館めぐり2 ⑤/松前町

福山城本丸御門(松前城)
プタゥンパッチ(蓋付き鉢)(松前城)
十腰内式土器(郷土資料館)
     日本最北のかつての城下町
     松前藩士や商人が残した興味深い資料が充実

     「松前城」(正式名・福山城)は1854年に築城。幕末、太平洋戦争を生き延びた木造天守が1949年に火災の飛び火により焼失、1960年に鉄筋コンクリート造で復元された。町のシンボルであるとともに、道南の歴史を学ぶ上で欠かせない重要な資料でもあり、天守内部の地下から3階に掛けて「松前城資料館」として活用されている。設計図、見分図といった築城に関する資料、城の当時の姿が分かる幕末から昭和にかけて撮影された古写真、藩主が着用した甲冑、古道具が並ぶ。武士、町人、アイヌと松前城下で生きる人たちの様子が描かれ、生活様式だけでなく産業や特産物も読み解ける「松前屏風」など展示品や古文書が、その時代の文化や歴史を想像する楽しい時間を提供してくれる。
     松前町町民総合センター内にある「松前町郷土資料館」は1975年開館。町内の遺跡から出土した縄文時代早期後半から擦文時代の土器、徳川幕府が松前の徴税権などを認める「領地御墨付」の原本や複製、藩士の名刀、箱館戦争に関する資料が豊富に揃う。また、江戸時代に商家で使われていた机や帳面、京都・祇園祭の山車に模して造られた「求福山」、アイヌとの交易を示す漆器など、庶民の生活を物語る品も幅広く展示している。
    (ハコラク 2021年7月号掲載)


    松前城資料館
    松前町松城144 
    ☎0139‐42‐2216
    9:00~17:00(入館受付16:30まで)
    休館日/12月11日~翌年4月9日冬期閉館
    入館料/高校生以上360円
         小・中学生240円、幼児無料
    P有り

    松前町郷土資料館
    松前町神明30 松前町町民総合センター内 
    ☎0139‐42‐3060
    9:00~17:00(入館受付16:30まで)
    休館日/12月11日~翌年4月9日冬期閉館
    入館料/無料 
    P有り




      ハコラク











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      東京2020 オリンピック【速報】

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト