• 12月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

函館マラソン7日号砲 8595人がエントリー

 フル、ハーフ同時開催4年目となる「2019函館マラソン」(道南陸上競技協会など主催)は、7日午前9時にハーフ、同9時10分にフルが千代台公園陸上競技場をスタートする。過去最多の8595人(フル4281人、ハーフ4314人)がゴールを目指し初夏の函館を駆け抜ける。
 今年は新たな試みとして協賛企業の協力を得て、完走メダル(フルのみ)を進呈する。また、フルの制限時間を5時間20分から10分延長し、5時間半とする。
 出場予定のランナー比率は道外が同4ポイント増の49%、道内が同4ポイント減の51%。海外ランナーは同21%増の322人で過去最多。男女比は男性75%、女性25%で前年と同じ。
 フル最大の難所は10キロ地点(第2エイド近く)が最も標高が高い場所となるほか、後半の函館港中央埠頭(ふとう)に向かうこ線橋や、ともえ大橋も体力的に厳しい中での戦い。一方、ハーフは平たんなコースで記録を狙いやすい。
 大会実行委は、エイドステーション(補給所)を昨年と同じ14カ所(走行中)に設置。シャワーの数を昨年より1カ所増やし4カ所、スプレーエイドも1カ所増の3カ所とし、氷の提供(4カ所)と栄養補給食品(1カ所)ステーションを新設する。
 ゲストランナーはタレントの福島和可菜さん、特別ゲストに日本陸連理事の瀬古利彦さんを招く。招待選手は21人(全員ハーフ)で、このうち東京五輪マラソン代表選考会「MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)」ファイナリストは男子5人、女子8人の計13人。
 エイドで提供するフードは「がごめいかソーメン」や、低糖質麺を使った「本格的はこだて冷やし塩ラーメン」など、函館らしい魅力的な品が並ぶ。
 実行委事務局は「今年は4大会目にして、初めて走りやすい天候になる可能性が高い。眺めの良いコースを存分に楽しんでほしい」とする。函館地方気象台によると、7日の函館の天候は曇り時々晴れ、最高気温は22度の予想。(山崎大和)

      陸上

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医(12月8日)
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト